二つの基準

昨日のテーマは金銭感覚でした。

過去ギャンブルをしていた頃はギャンブルに対しては大盤振る舞い。
普通の出費についてはドケチでした。残るものもを買うのも抵抗がありました。

去年自転車を買い替えたのですが、初めて変速機のある自転車を買いまして、
それ以前は一番安いのとか、人のおさがりとか、中古とかそんな物ばかりでした。
自転車以外にも車も買い替えまして、それも自分が気に入って買った車は
去年購入した車が初めてでした。軍資金の心配が無くなったとかもあるかも。

過去ギャンブルに対しての出費と言えば有り金はたいてサラ金行って
あっという間に天井をついて、時にはちびちびと借りているから諦めが
つかないのだろうと一気に契約したばかりのカードを天井まで借りて
散財したこともありましたが、改心出来たのはほんの数日でした。

普通の出費と言えば一番安いもの、一番お得なものを食べてまして、
信条としてはただより安いものは無いと言うのを拠り所にしていたのですが、
それもこれもハンドブックの中の軍資金云々と言った心境だったんでしょう。
無駄遣いは出来ても貯蓄や残るものは買えない。買ってもいずれは換金して
しまうだろうという深層心理が形ある物を購入する事を遠ざけていたのでしょう。

二つの基準と言うかルールと言うか自分の中にありまして、
それは道徳に対しても同じ事が言えまして対外的には正直者、
内面は腹黒の大ウソつき。つながる間際にはウソをつきすぎて
どれが本当の事なのか自分でも解らなくなっていました。

そんな自分でしたから当然のごとく自分で自分の周りに壁を作り、
その中に引きこもるようになり、それでも偽りの顔を日常では
演じなくてはならなかったので、ギャンブル依存症の進行とともに
生き辛さが段々と加速して生きてゆくのがどうにもならなくなって行きました。

そしていつしか心の拠り所にしていたギャンブルを続けることも出来ず、
それを止めてどうやって生きてゆくかもわからなくてGAに来ることに
なったのですが、いまはどうであるかと言いますがお金遣いはギャンブルを
していた頃に比べると若干荒い。無駄使いは多い。残念な話ですが、
それでも人に言えないようなお金の使い道や生き方はしていないので
あの頃に比べるとまだ少しは普通の人に近づく事が出来たのかなと思います。

今は自分は一人の自分として生きて行く事が出来ています。
それは何か血を滲むような努力をしたわけでなく、ただミーティングに通って
ステップを踏んで大きな力に示されたように生きてきたというだけです。
それ以上それ以下でもありません。二つの基準を捨てるのには少しの時間が
必要でしたが、過去の自分に戻らないように、今日一日を積み重ねられるように
仲間とともに歩いてゆけたらと思います。私の話は以上です。ありがとうございました。




追記
しかしお金が無いなーw


にほんブログ村

寝不足について

今日は早く仕事が終わったので髪の毛を切ってきました。

と言ってもいつもの丸坊主なのですが、伸びてきて
鬱陶しくて仕方ないのを我慢して過ごしていたら
とうとう寝癖がつくようになりまして、いつかチャンスを
と思いながらも中々行けずに放置していました。

行ける時にはお金持ってなかったり。

最近忙しく髭を剃るのも怠りがちでしてついでに
寝起きも大変悪くて時々フォークの運転席で
気絶しています。寝不足も負債のようにたまるって
どこかのサイトで見かけたんですがまさしくその通りでして、
ただ残念な事に負債を返済できる時が無い。
分割払いにも出来る訳が無い。休みもあんまり無い。

睡眠は代位弁済はできないし。

恒例の如く忙しい時は全部忙しい訳でして、3つ持ってる仕事全部忙しい。
ついでに言えばお金も忙しい。これで女性関係も忙しいなんて言うと
少しは花を添える物もあるのですが、まったくもって縁がない。
強いて言えば添い寝する犬がメスと言うぐらいで愛をささやいても
ワンと言うだけです。思えば同居人とも10分以上会話を交わしていないわ。

そんな風に日々は過ぎていきました。もう6月も終わりだわ。
すっかり忘れていましたわ。月末が近いというのに、書類は山積みw
もしかすると会社でお泊り保育の予感がする今日この頃です。
思ったようにはならないけれど大体どうにかなるでしょうって
昔からよく言う言葉を頼りにもう少しだけ頑張ってみないと。

ところで寝不足についてです。

確かアメリカだと思いましたが子供部屋にテレビを置くと肥満傾向の
児童が増えるって統計があるそうです。自分は睡眠時無呼吸症候群の
治療を現在受けているのですが、寝不足を続けると食事をした後に
満腹感を得るのが困難になるそうですが、その事を件の記事を
読んだ時に連想しました。あと新陳代謝をする為にも睡眠の質とか
量は非常に深く関係しているとレクチャーされたのかな。

確かに無茶食いをするのは寝不足気味の時に多いです。
それが子供であればもっとその傾向が出るのかな。
まぁ自分なんて子供みたいな物ですが飢餓感みてーな感情は
確かにあります。バランス悪いのは分かっているのですが、
カロリーの高いものを食し無理やりでも体を動かし、
ヘロヘロになっているのは事実です。文字にするとアホみたいですが。

あとは今の問題とすれば喫煙かなー

これも眠気覚ましに吸っているのか疲れるために吸っているのか
良く分かりません。もしかして寝不足なのも関係しているような
予感がします。寝足りているとあんまり吸いたくないし。
食べるのもニコチンも脳内の報酬系に働きかけているのでしょう。
これが新しい依存だとすると多少は面倒くさいような気がします。
それでもギャンブルをする生活に戻らないのはプログラムと
仲間のおかげとしか言いようがありません。はいつくばっていても今日一日。

あぁ。タバコは6年ぐらいはやめられていたのになぁ。

ギャンブルをやめたい

ある回復者の死

先週の木曜日の朝の事でした。

何の気なしに会社で新聞を開くと、見覚えのある名前がありました。
良い知らせではなく、労災事故を報じていまして昨日の午後、
職場で鉄骨に挟まれて死んでしまった事実が告げられていました。
まさかと思い、勘違いである事を願いながら彼が以前居た回復施設の
デイケアに確認の電話を入れてみると残念ながら彼でした。

電話口で仲間をつかまえて何故あいつだと吼え、それから
何をしていてもまるで考え事をしているように全てのことが上の空で、
今日まで来ています。どうにか落ち着き始めたのは昨日。
ある仲間と話しながら私は寂しいとこぼしてから。
電話を切ってから51才にもなるのに涙は出るのだなと、
誰も居ない会社の事務所で変なことに感心していました。

同じ自助体のメンバーではありませんでしたが、
一緒に暮らしていたわけでもありませんが、
今でも一緒に誰かのバースデーでロールケーキを
がめてきて人目を気にしながらかばんに忍ばせたり、
回復途上の中で入りなおした学校から就職が決まった事を
教えてくれた時の少年の面影を残す笑顔が今でも思い出されます。

他にも諸々あるけどさ。

なぁ。あなたは確かに回復をしていたよ。最初の荒くれた影は今では
どこにも無かったよ。だからこそやり残した事があるのではないかと
俺はやりきれないんだよ。神様の下へ帰るとか言われてもやりきれないんだよ。

頭じゃわかっているんだけどさ。もう会えない事も。
しかたねーから俺がそっちに行ったらまたミーティングでもしようか。
ハンドリングでまた手がつぶれる位握られても今度は嫌な顔しねーから。

またそのうちにね。待たせると思うけどかんべんな。

ギャンブルをやめたい

身体と命は大事に扱えば死ぬまで使える

日曜日の夕方から何となくだるさを感じていまして、
月曜日の昼間に仕事中転寝をしてしまってから、
極端にだるさ爆発カメラのキムラヤになってました。

そして火曜日の夜。久しぶりに座ったミーティング会場で
他の自助にも関わらず休憩はゴロゴロ、仲間の挨拶も適当に
交わすと言う体たらく、そして水曜日。いつも行く冷蔵庫の中の
お仕事はグデグデの身体に鞭打って歯を食いしばって、
リーファーコンテナの中で冷凍の白桃と格闘していたのでありました。

死ぬかと思った。

その後はグループのチラシを作って配る予定がありましたが、
アポを取っていない事も幸いして全キャンセル。食べたものも
身体の中で全キャンセル。自転車を漕ぐ体力も気力も無いまま、
家に辿りつきそのまま眠るだけ寝るだけの二日間が始まりました。

ホームのミーティングも休んじゃいました。

それでも今日は会社に行かなくてはならないので、
どうにか起き出して、薬を飲むためだけに久しぶりに
ドーナツを四分の一食べて、出社して午前中はゾンビ、
昼過ぎは疲れたおじさん、午後になり何となく空腹を覚えると、
近くのコンビニに走りラーメンサラダなるものを食して、
徐々に復活したのでありました。今は大体まともかな。

しかし身体の頑丈さだけが取りえだと思ってましたが、
この体たらくぶり。何も取り得もなくなっちゃたかもなー。
年は取りたくないなーと我が身を振り返るとやはり頭は若くても
身体も細胞も老化しているのねと思い知らされるのです。

何事もほどほどにしねーとな。

しかし気が病む事があって、そのまま身体が調子悪くなるのは
自分もやっぱり不完全な人間である証拠でよかったなぁと。

私ではなくあなたの意思が叶えられます様に。

ギャンブルをやめたい

馬鹿でなれず、利口でなれず、中途半端じゃ尚なれず。

家の片づけをしていたら、昔嫁の実家で商売していた頃に
良く使っていただいていた非合法系の団体の湯飲みが出てきました。

冗談半分で会社で使ったらと言われましたがそりゃーねーw
多分無理すぎですわー、一般住民やってますんで。

まだギャンブルをしていた頃、いわゆるけつもちの団体さんに
嫁経由でこういう風体の男が賭けに来たら通報して下さいと、
頼んでいたなんて事を思い出しました。でも叩いてましたがw

その頃は良くわからない素性の人達と良く一緒にテーブルを
引っばたいていたのですがその中で多分ですがそこの団体の方も
居たかも知れません。あの頃の交友関係と言うともうわけわかめでして、
博打だけでなくお薬関係も嗜んでいる人も居たのかもしれません。

でも目の前のギャンブルに夢中でそれどころではありませんでしたが。

まぁ色々な人が居ました。百貨店の裏口の所のお店では
風俗関係の人が泣きながらこんな思いして稼いだ金をーと
号泣しながらポーカーしていたり、ホストのお兄ちゃんが
お客から貰ったお金で湯水のように叩いていたり、
競馬にはロマンがあるとタバコを咥えながら遠い目でパチンコ屋さんの
部長さんが語っていたり共通することはみんな本名を知らない。

前にも書いたことがありますが、その当時から仲間と言うと
本名を知らない。職業も一部しか知らない。そして現在に至る。

さて話は変わりますがGAにつながる仲間にも長持ちする人としない人がいます。
最近似たような話題を良く書きますが、NPOセンター時代から持ち越した
渡せない色紙が何枚かあります。捨てるわけにもいかないしねー。

先日仲間に良く続きますねと言われちゃいまして、なんで来ているのか
考えてみると回復したいとか行く場所が無いからとかではなく、
来なくてはいけないと思っているからです。そもそもご他聞に漏れず
自分ものど元過ぎればなんとやらの人間でして、自分の欠点なんつーのも
棚卸を通して少しは理解している訳でしてそんな自分がミーティング無しに
世間を渡ってゆくにはミーティングぐらいは必修科目です。死にたきゃ別ですが。

良く委ねると言いますが、自分が努力する部分と神様に預ける部分が
ありまして、なんもしないで上手く生きてゆこうなんて到底無理な話です。
自分のステップ1を思い出すためにも、底付きのころを忘れないためにも、
そして自分が病気である事を忘れないためにもミーティングはいつまでも必要です。

幸いにも現在はどうにかミーティングに通える職場におりますが、
例え状況が変わろうとも、足がある限りは歩ける範囲になりますが、
歩いてゆきたいですね。ミーティングの参加にも長い目で見ると濃淡が
ありました。昼から仕事していた頃は平日夜の会場には行けませんでしたが、
週末が休みだったんで日曜の夜に座るようにしていました。よ。
他にももろもろありますが、まぁお稽古事と似たような点がありまして、
離れるとボケてくる。ポイントがね。離れすぎると足が遠のくのも共通ですね。

いつまでも自分の問題だけ下ろすようではそのうち下ろすものが無くなるし、
かといってプログラムおたくみたいのでもよい回復なんちゅーのは無理めだし。
もっといけないのはちょっと歩いてわかった気になってあーでもねーこーでもねーと
言ってなんもしなくなるのはもう問題外。本当に良いのって聞きたいけど
他人の問題だからねー。でもついついかまっちゃうけど。時にしつこく。

中途半端じゃ尚出来ずって言いますがこれも継続して行く事が必要でして、
とにかく淡々と歩き続かないといけない。そして仲間のそばを
離れちゃいけない。特殊な人間と言うとちょっと表現が良くないですが、
そうしないとまともに生きてゆけないのなら手間暇をかけて歩かないと。
忙しくてとか良く言い訳を聞きますが、その忙しさはGAの中で
回復したからでしょと。ならばそれを次に渡さないと錆びちゃうんじゃねと。

まぁ死にたいのなら別ですが。すぐに破たんするわけじゃないですけどね。

ギャンブルをやめたい

GAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、ギャンブルをやめたいという願い だけである。

NPOボランティアセンター

昨日の話です。甲府駅から中央公民館までブラブラと歩きながら、
以前お世話になっていたセンターを見上げて今は来なくなった仲間達を
思い出しながら、あの仲間は今頃どうしているのかなとか
はたして生きているのかなとか思いながらうすらぼんやりと考えていまして、
会場に入ってミーティングが始まってしばらくして今頃どうしているのかなーと
思っていた仲間が入ってきました。それがまた別人に見えてびっくりしまして。

かなりの別人過ぎて再会と言うより遭遇に近い感がありまして、
それでもこれをきっかけにまたつながってくれたらなーと思うわけです。

中央公民館つーと色々と思い入れが強い場所でして、何回開けても
一人ミーティングが続いてこの会場は閉めようと、次のビジネスで仲間に
相談しようと決意して立ち上がると新しい仲間が訪ねてきたり、
今日は一人だから漫画でも読んでましょうとゴロゴロしていると、
新しい仲間が訪ねてきたり、絶対に今日は一人だと思って携帯で
鉄腕ダッシュを見ていると遠くから仲間が来てくれたりして、
和室と言う和室を荒らしまくった自分の中ではマイベスト和室です。

他には司会でありながら爆睡して仲間に起こされた事のあるNPOセンターとか、
二人ミーティングでゴロゴロしながらミーティングした南西公民館とか、
他にも色々とありますが和室=寝るという囚われに随分と悩まされたものです。
NPOセンターでは押入れから布団を出して寝ていたのを目撃されましたし。

それにしても仲間が戻ってくれるのは嬉しいものです。例えその時一回限りとしても。
自分は嬉しくても多分辛い出来事を経験してまた帰って来てくれたのだと思います。
つながってそのままGA暮らしをしている自分にはその心情を共有することは出来ませんが、
また戻ってくるのには恐らく勇気や覚悟が必要だったのかもしれません、会場の扉を開けるのには。

GAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、ギャンブルをやめたいという願いだけである。

まぁ細かい事は良いわ。私は仲間と再会できて嬉しい。ただそれだけです。

ギャンブルをやめたい
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR