再発について

自分は花粉症を長年患っていましてこの時期というと
目は涙目、鼻は透明の水状の物が垂れ流し。
朝は猛烈なくしゃみと共に起きていたのですが、
今年はそんな事はありません。加齢と共に免疫が落ちてきたのも一因ですが、
寝ている間は睡眠時無呼吸症候群の治療器を使用しているので、
いわゆるモーニングアタックは回避されています。

あと近年は段々と花粉症グッズが充実してきまして、
スプレーするだけで花粉がつかない物とか、
眼鏡をかけながらでもマスクを使える曇り止めなど、
諸々の花粉グッズを使用しながら発症を抑えているのですよ。

で今年から新しい試みとしてタバコのように吸煙して使う
咳止めをシーズンの始まる時期から使用しています。
タバコもどきのあれです。よく新聞に広告が出ているあれです。

効果としたらまだ日が浅いので何とも言えない部分もありますが
確かにのども鼻もいつもの年よりは順調です。鼻もつまらず、喉も傷まずです。

ここである問題が。ところでっつー感じなのですが、みためタバコでしょう。
それで吸うタイミングは任意でしょう。で気が付いたのが以前喫煙していた時と
まったく同じタイミングで吸っているなと。感情的にはイライラしたり、ほっとしたりの
タバコが欲しくなったタイミングで煙を吸い込んでいます。

正直厄介な物に手を出しちゃったなぁと。

もしこれが禁煙の挫折と定義するならば色々な大義名分をつけて、
タバコを吸い始めてしまったなぁと。やっぱり依存症だなと。
本数も劇的に増えてきまして、最初は一日二本で済んでいたのが、
今では一日に十本ぐらいは吸っています。加速をつけて増えています。

これを四月いっぱいでやめられたら良いのですが、早くも苦戦しそうな
雰囲気が出ています。禁煙の再開に対して。手を出しちゃいけなかったと言う
自責の念がこれはいぞーんいぞーんとばかりに湧き上がっています。

でも薬屋で買うんだよとか。ニコチンはほんの少しだよとか。
やめようとしてもやめられなさそうで本物のタバコを吸っちゃいそうな恐れと
正当化する諸々の理由が頭の中でせめぎ合っています。もうダメだ。

この正当化。ギャンブルに置き換えたくないわ。
しかし花粉症終わったらやめる事ができるんだろうか。

ギャンブルをやめたい

他人がなんであれ

先日仕事が終わった後のスタッフルームでの話です。

副業の職場での事なのですが、後輩がある同僚をこき下ろしすぎて
耳障りなのでついついお説教をしてしまいました。身の程知らずかw
まぁあのバカが仕事が出来なくて困るとか損をしたような気がするとか、
内勤が居るのにも関わらず休みなく連呼していたので聞き苦しくて。

どんな事を言っていたというと確かに思い当たる節も有る訳で、
彼が遭遇したような出来事も自分も巻き込まれた事があるのですが、
それにしてもそこまで演説するのはどうなのよと思いました。

半分切れていたけど。まぁ人の悪口って面白いんだよね、それは解るさ。

他人の事をこき下ろして上手くいかないのをその人のせいにしていると
決して自分の為にはならないんだよね。大げさに言えば成長が止まるって、
自分が向上するにはそんな事はしちゃぁいけないって自分の娘より若い
青年をつかまえてお説教をしてしまったわけなんですよ。

そもそも自分がそういう性質の人間なのもありますが。悪口好きだし。

人のふり見て我がふり直せってことわざあったよなー。
自分だと依存症だけあって偏執的に陰口を言いまくってきたなー
健常者だとどうかわかりませんが仮想敵国みたいな存在が無いと
うまく生きていけないようにも思っていました。今もそんなに変わってませんが。

他人とは難しいなー

彼に対して半ギレしていた自分の方が問題があるのかも知れませんが。

新宿にて

私用がありまして今週は火曜日を除いてほとんど会社はお休みです。

今日は明日の朝に用事があるので新宿で前泊で歓楽街の横の
カプセル泊まりです。食堂をあてにしていたのですが、今日は
日曜で休みでして仕方なくパンと缶コーヒーでお腹を塞いでいます。

昔良く遊んだ辺りですが、街中にはもうゲーム喫茶の看板は
見当たりません。他の遊びは有るのかもしれませんが、
どちらにしても入れるものじゃないです。

しかし中華系の方がいっぱい歩いているわ。
そんな感じの夜の歌舞伎町でした。

歩み入る人に安らぎを、去りゆく人に幸せを

家に来てから約二年の間、慣れてくれなかったチワワが最近慣れて来ました。
吠えられるのは相変わらずですが、立たずに座るとそのうちに吠えやみます。

こたつに入ってゴロゴロとしているといつの間にか横に来て、
撫でてくれるのを求めます。あまり露骨に可愛がるともう一匹が
やきもちを焼くのでほどほどにしていますが、やはり自分は犬に対しても
好きになってくれる人が好きなようです。訂正、好きになってくれる犬か。

以前にも奥さんの職場から家に来た犬が居たのですが、
慣れるのはやっぱり時間がかかったなぁ。繁殖場育ちと
最初から飼い犬で育った犬とはどうしても差が出るようです。
油断して手を出すと甘噛みじゃなく本気で来ますしね。

その犬それぞれの性格や犬種による傾向も大きいと思いますが、
家に来た当初は吠えられるのを嫌って、帰る時間をずらしたりしました。
最近思うのですがチワワさんも慣れると可愛いです。一つ一つ小さくて小さくて。

慣れないと悪魔に見えましたが。

ところで、今朝の地方紙に以前お世話になっていた会場の運営団体の方の
お話が出ていました。立ち上げ当初に使わせていただいた会場だったのですが、
年間で五千円、何回ミーティングしても五千円と言う格安さにとても助けられました。
前年度末で耐震強度の関係でそこの会場は閉鎖されてしまったのですが、
まだ人が少ない頃のGA甲府が潰れずに残っていたのにはそこのセンターの
存在が大きかった事は否めません。去年の今頃は新しい会場探しで奔走していた頃で、
正直少し世の中の流れとか防災意識の高まりを恨む気持ちもありました。
代替えの施設について職員の方に情報を得ようとしても箝口令のような物が
あるらしく、顔見知りの方からぽつりぽつりと動向を聞かされる位でしたね。

その中に非公式な話もあったらしくポロっと話してこんがらがってしまった事も。
今にしてみれば懐かしい話ですが、お互い感情的にこじれた方もいらっしゃいました。

ちょうど一年前かなぁ。そこの団体の副会長さんがお亡くなりになったのは。
お会いするたびに声を掛けていただいて、時々話し込む事もありまして。
人が居ないとか来ないとかぼやくのが口癖になりそうな頃の自分には、
自分がしている事に対して間違っているのでは無いかと不安になりそうな事を、
依存症業界以外の方に聞いて頂けるのはとても助けられたと思います。

訃報を新聞で見てお通夜に行かせていただいて、帰り道これで本当に
センターとの関わりは無くなっちゃうのかもなぁとさみしく思いました。
先生の残した言葉で「歩み入る人に安らぎを、去りゆく人に幸せを」と
壁に貼っていたのを今日の新聞を読むまですっかり忘れてしまっていました。

あれから一年。お互い前向きにやるじゃんとお声がけしていただいた
先生がお亡くなりになってから一年。どうにか移転先の会場を確保して、
火曜と金曜からまず移動して最終的に水曜も移転したのから三月末で一年。
おかげさまで後を継ぐ仲間が出てきてくれて、先日からサービスと運営から
手を引かせていただいていますが、今の自分はどのように映るのでしょうか。
再びやれか。それとも少し休めか。どんな風に見えているのでしょうか。

ギャンブルをやめたい

否認について

今年初めての雪が降ってきました。

今日は出勤の為会社に来ているのですが、積るか積もらないかを
さっきから考えています。明日は集配は無いので構内はフォークが
走るだけなのですが、頭の中で都合の良い話ばかり考えています。

ほっといても積もらないだろうとか、どうせ明日も自分だけなので
雪かきをしなくても問題は無いだろうとか。その源流にあるのは
ただ面倒くさいだけなんですが、色々と理由をつけて武装して
あれこれこれこれと考えています。ここまで書いて外の様子を
見てきたらあっという間に白く塗りつぶされています。

黒く塗りつぶされるよりは良いのですがね。

雪かきをするのが嫌とか融雪剤をまくのが嫌とか長靴を履くのが嫌とか
面倒臭がっているうちに話は大きくなって何故毎月週末の出勤が多くて
平日休みばかりなのかと、自分が面倒臭がっているのを解っているのに
問題を振り替えようとしています。これが自然に出来るのがさすが我ながら
自己中心的で他罰的な自分なんだなーと思うのですよ。

このままで行くとアメリカの大統領が変わるからとか考えだしそうです。

さてこのザンザンと降りまくる雪。それでも溶けるだろうとか
積もらないだろうと大雪警報が出ているのに大丈夫だろうと
思う自分。この補正っぷりは借金とかギャンブルに当てはめると
自分の考え方の癖が良く解りますよー。面倒臭いけどねー。

理性としては解っているのに解っている自分を認めたくない。
この分離した自分がさらに行動することから離れさせる。
やんなきゃ→やろうと単純であればやり始めるのに、
あーでもねーこーでもねーと屁理屈をこねて動かない。

これがギャンブルだと賭けると大変な事になるようだ→
もう止めてみようがなかなかすんなりとはならない。なっても続かない。
否認とか自己防衛とか良く言うけどそれを打ち破る事って難しいんだろうね。
自分も繋がる前も後も否認とか責任回避とか多かったし残念ながら今もあるし。

プライドとか意地とかは適度ならば良いけど実力以上に持ちたがる、
それは自分が塗った安物のメッキが剥がれちゃうのが怖いんでしょうね。
だから他人の意見や考え方とかも受け入れられない。自分のやり方で
失敗したがる、そしてそれが間違えているのを受け入れられなくて
逆切れに近いぐらいの反応をすぐに示す。自分もそうなんだけどね。
我ながら面倒くさくて自己中で。そんな自分が少しでも素直で柔軟な人間になるには。

足から回復するって昔から言うけどあながち間違ってはいないんでしょうね。
頭で考えてもなまじっか行動力があるだけに誤った方向にグイグイ進みそうで(笑)

ギャンブルをやめたい
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR