歩み入る人に安らぎを、去りゆく人に幸せを

家に来てから約二年の間、慣れてくれなかったチワワが最近慣れて来ました。
吠えられるのは相変わらずですが、立たずに座るとそのうちに吠えやみます。

こたつに入ってゴロゴロとしているといつの間にか横に来て、
撫でてくれるのを求めます。あまり露骨に可愛がるともう一匹が
やきもちを焼くのでほどほどにしていますが、やはり自分は犬に対しても
好きになってくれる人が好きなようです。訂正、好きになってくれる犬か。

以前にも奥さんの職場から家に来た犬が居たのですが、
慣れるのはやっぱり時間がかかったなぁ。繁殖場育ちと
最初から飼い犬で育った犬とはどうしても差が出るようです。
油断して手を出すと甘噛みじゃなく本気で来ますしね。

その犬それぞれの性格や犬種による傾向も大きいと思いますが、
家に来た当初は吠えられるのを嫌って、帰る時間をずらしたりしました。
最近思うのですがチワワさんも慣れると可愛いです。一つ一つ小さくて小さくて。

慣れないと悪魔に見えましたが。

ところで、今朝の地方紙に以前お世話になっていた会場の運営団体の方の
お話が出ていました。立ち上げ当初に使わせていただいた会場だったのですが、
年間で五千円、何回ミーティングしても五千円と言う格安さにとても助けられました。
前年度末で耐震強度の関係でそこの会場は閉鎖されてしまったのですが、
まだ人が少ない頃のGA甲府が潰れずに残っていたのにはそこのセンターの
存在が大きかった事は否めません。去年の今頃は新しい会場探しで奔走していた頃で、
正直少し世の中の流れとか防災意識の高まりを恨む気持ちもありました。
代替えの施設について職員の方に情報を得ようとしても箝口令のような物が
あるらしく、顔見知りの方からぽつりぽつりと動向を聞かされる位でしたね。

その中に非公式な話もあったらしくポロっと話してこんがらがってしまった事も。
今にしてみれば懐かしい話ですが、お互い感情的にこじれた方もいらっしゃいました。

ちょうど一年前かなぁ。そこの団体の副会長さんがお亡くなりになったのは。
お会いするたびに声を掛けていただいて、時々話し込む事もありまして。
人が居ないとか来ないとかぼやくのが口癖になりそうな頃の自分には、
自分がしている事に対して間違っているのでは無いかと不安になりそうな事を、
依存症業界以外の方に聞いて頂けるのはとても助けられたと思います。

訃報を新聞で見てお通夜に行かせていただいて、帰り道これで本当に
センターとの関わりは無くなっちゃうのかもなぁとさみしく思いました。
先生の残した言葉で「歩み入る人に安らぎを、去りゆく人に幸せを」と
壁に貼っていたのを今日の新聞を読むまですっかり忘れてしまっていました。

あれから一年。お互い前向きにやるじゃんとお声がけしていただいた
先生がお亡くなりになってから一年。どうにか移転先の会場を確保して、
火曜と金曜からまず移動して最終的に水曜も移転したのから三月末で一年。
おかげさまで後を継ぐ仲間が出てきてくれて、先日からサービスと運営から
手を引かせていただいていますが、今の自分はどのように映るのでしょうか。
再びやれか。それとも少し休めか。どんな風に見えているのでしょうか。

ギャンブルをやめたい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR