義父について

今日はお休みをとりました。

正確に書きますとバイトを予約していたのですが、
現場が無くてお休みになりました。でも悪い話ばかりでなくて
先日からのどの調子が少し悪く、夜のアルバイトも続いていたので、
出来れば休めたらなーと思っていた所でしたので、
作業の確認の時にすみませんお休みでと言う電話先に向けて
思いっきりさわやかにはい!了解しましたと返答する自分でした。

さて家の奥さんを迎えに行くまで昼寝をしようかと思うのですが、
なかなか寝れません。若い頃はここで色々とゴソゴソとまさぐれば
すぐ寝れたのですがなかなか上手く行きませんw
もしかしてもう売切れなのかなと思いますがそりゃ中学生でも
あるまいし妄想だけでなんかしちゃうのはさすがに難しいです。

こんな事を書くと不潔と憤って女性の読者がまた減るでしょう。

ところで話は変わりますが某国立大学の学生数名が
女の子に乱暴を働いてしまったニュースが先日から流れています。
それも医学部。さらに実名まで公表されてしまい、共犯者として
医師の名前まで晒されてもう社会的に終わった感じです。
少し前までは選良として親御さんの自慢だったんでしょうに。

でもした事がした事なんでまぁ仕方ねーか。本人からしてみれば
酒のせいにしたい所なんでしょうけど償うものは償ってもらわねーと。
もし自分の子供がそんな目にあったとしたら殺しても殺したりない訳ですが、
法律があるから殺せねーし。ただこの自分の子供をどうにかしちゃうと言うのは
性犯罪者じゃなくても自分ら依存症本人は確実にしているわけですよ。

ここで何故か義父の遺影が眼に入るわけですが。

多分ですね。自分の借金癖やギャンブル依存症を奥さんは
巧妙に義父には隠していたのでしょう。ばれればどうなるかわからないって。
でもお金の問題がある事を義父は薄々気が付いていたのかもしれません。
癌が進行してホスピスに居た頃、本当に旅立つ間際に自分が
義父のお金をくすねてしまい、それが奥さんにバレてトラブルのうちに
見送る事になったんですが、その事に対しての罪悪感は未だにあります。

嘘つきの自分のせいで嘘をつかなくてはならなくなった彼女。
そして何が本当か嘘なのかわからない中で暮らしていた私たち家族。
嘘で嘘を塗り固めているあの頃と比べて嘘の無い今は楽になりましたが、
夫婦間で意見が食い違ったり険悪な空気になるのは未だにあります。

もし仮に娘の嫁ぐ相手が依存症だとするとどうすんのかなー
我が身を振り返らず頭ごなしに怒鳴りつけるような気がするんだよなー
で奥さんがかばうとか自分を詰るとかしてグチャグチャになるような気がするんだよなー

息子のほうが良かったかもって言っても息子だったら
多分俺の息子じゃヤンキーかヒッキーだろうしなー
普通でも相当面倒くさそうだしなー

話しは戻りますが自分のこじれまくったギャンブル依存症が
ゆっくりと方向転換を始めたのは義父が亡くなった時から一年後の夏。
もしかして迷走する姿を見るに見かねて助け舟を出してくれたのかも知れません。

本当は化けて出てきたかったのかもしれませんが。

ギャンブルをやめたい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR