釘が変でも換金できても。

パチンコ台の釘の調整について一部で話題になっているようです。

良くはわかりませんが、なにやら不利になるようでして
検査時と違う釘の調整をしている台は回収の対象になるそうです。
一般入賞口に入らなくてチェッカーにばかり入るとだめって
一般入賞口なんて入らなくても回れば良いじゃんと思うのですが、
あちらこちらでヒャーヒャー騒いでいるそうです。

ついでにパチンコ業界の利権だの何だの話は拡がりつつ有りますが、
おいらのような市井のギャンブル依存症者には関係の無い話です。
どちらかと言えばパチンコ屋さんに同情したくもあります。非難されるかなw

ある業界関係者の話で、健全に遊んでもらいたいと書いてありました。
何処かの二代目社長かな、確か。自分の子供たちにも胸を張れる業界で
あって欲しいって。それを読んで思いついたのはギャンブル依存症って
実はパチンコ屋さんからみてあまり歓迎されないお客さんだったかもねぇと。

独特な雰囲気と言うか異様な雰囲気と言うかw

そりゃトイレの壁に負けた腹いせでウンコをこってりと擦り付けたり、
駐車場の中で練炭自殺するような人をお客さんとは言いたくないわな。
迷惑千万だわ。そんな人たちを上客とはとてもじゃないけど呼びたくはないわな。

でも実際に首吊りだの練炭だのはあるみたいで、それを聞いて思い出したのは
近所のパチンコ屋さんの隣のお店の人が首を吊ったのさ、もう死んじゃった人だから
悪くは書きたくないんだけど店にはいつもいなくてパチンコ屋さんにお客さんが
店主を呼びにくるようなお店だったんだって。その後は何をやってもすぐつぶれる。
そもそも死人が出た店を借りる神経も太いものだけど何してもすぐつぶれる。

うちの辺りって所詮地方都市らしい所があってここだけの話がいつしか
みんな知っている話になるんさ。でとどめにと言うわけじゃないけど
そこのパチンコ屋さんの社長の家って同じ町内。後味悪かったろうね。

話は戻ります。

ギャンブルだろうが娯楽だろうがパチンコ屋さんもレジャーとか
息抜きとかそんな感じで遊んでもらいたいのだろう。
そりゃ検査の時とは違う釘調整は問題はあるだろうが、
全然デジタルの回らない台よりはグリングリン回った方が
楽しいに決まっているだろう。その事自体はグレーかも知れないし、
自分のような道徳がずれている人間以外はブラックと言うかも知れない。

でもその事について依存症サイドから意見を述べるのは違うと思う。
意見がある自体で自分自身の病気について責任転嫁するように思えるのよ。
パチンコ屋がいけない?いえいえ自分達に問題があったはずと思う。
それでもパチンコ業界がとかパチンコ屋とかと声を大にして言うのには、
ギャンブルに対する偏見やギャンブル依存症に対する偏見があるのだろう。

知らず知らずのうちにね。

やり過ぎたのは私たち。それで問題を起こしてしまったのも私たち。
だからパチンコ屋さんが世の中から無くなっても同じようにハマル物を
探すのは私たちなんだからね。で大事な事は例え今回の騒動を通して
業界が健全になったとしても自分たちが安全にギャンブルできる事は
絶対に無い。だから負け惜しみみたいで見っともないから静観していましょう。

静観は生還とも言う。かもしれないw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR