回復の道

今日行ってきたミーティングのテーマは
「回復の道」う~ん、ちょっと重かった。
その事について分かち合って来たのですが、
みんなそれぞれちがうんでしょうね。

出来れば後からつながる人の為に回復のモデルとして
力強く回復して行きたいのですが自分が回復しているのか
どうか良くわかりません。

多分回復の道って奴は山の上のお寺に続く
長い長い石段のようなものでして、
緩やかになったり急勾配になったりして
それはそれはドラマチックな道なのかもしれません。

スタートはうっそうと茂る竹林から始まります。
竹はもちろん孟宗竹w日の光もあまり当たらない所から
長い長い道のりに気が遠くなるような心境で
始まるのではないのでしょうか。

焦ると滑り落ちたりつまづいたり。
そしてゆっくり歩いてゆく事を覚えながら
こつこつと石段を上がって行くのでしょう。

雨も降りますし雪も降ります。
夏には炎天下に晒されてそれでも
こつこつと石段を上がって行きます。

変化の無さに焦って早く上ろうとすると
急に勾配がきつくなって石段も狭くなります。
ゆっくり過ぎると段々面倒くさくなって
しゃがみこんだまま日がな一日、雲を見てすごす日もあります。

でも上らなくてはいけません。生きてゆくためには。
隣の石段を登っていた仲間が滑り落ちて行きます。
上から先行く仲間が滑り落ちて自分より下へ行っちゃったりします。
そしてこの石段を登ることの難しさを気づかされます。

そして自分がこの石段を登ることを
難しくしている事に気が付いて愕然としたりします。
でも上らなくてはなりません。
遥か遠くに見えるものを目指して上らなくてはなりません。

ちょっと気が遠くなってきたかなw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR