無力について



先日から仲間と一緒にプログラムをしています。自分の都合で隔週に2時間前後、
本を使って手渡しをしています。久しぶりですのでもっと忘れているかと思いましたが、
過去経験したりーどざびっぐぶっくの毎日は資産として自分に残ってくれていました。

現在進行中ですがセッションを始める前に決めていた事がありまして、
ステップ1の切り分けだけはしつこい位やろうと。絶対に先を急ぐものかと。
精神と肉体の部分。表の形式が何かと取り上げられますが、実は本の中で
かなりのウエイトを占めている部分であるのよ。うそという人は12&12ばっかし読んでいる人だわ。

話は変わります。

安全管理の手法の一つにKY、危険予知活動つーのがあります。
自分もガテン系の会社に勤めているので定期的に朝礼後していますが。
どんな状況→どんな危険→どうすればいいのか→目標呼称→0災で行こうヨシ!つー感じで
ポイントをつかんで落とし込むのですよね。ぼやけちゃいけない。
無力もさぁ、ちょっとミーティングかじった連中がよく言う無力っつーのもさぁ。
なんにでも無力じゃなくて絞り込んで整理してゆけば何に対して無力なんかは
きっちりとはっきりしないといけないと思う。

何にでも無力つーとなんだこの戯言はと耳を傾ける気は無くなる。
無力を危険と置き換えるなら何でも危険なら布団から出てくるな。
布団から出てくる時にぎっくり腰になるって危険もあるが。

何に対して無力かをシンプルに書くとすればふとやってしまう判断力の無さで良いのかな。
やり始めて止まらなくなるのは放って置いて精神の部分をどうにかしましょうと。
人間関係だとすると他人をどうしてもコントロールしたくなる情動あたりかな。
ここら辺は専門分野では無いので実は良くわからないのですが。本人の領域は大体大丈夫ですけど。
これがステップ2を拒絶する原因になると思う。個人的の意見ですが、ステップ1で何が問題か良く理解しないと、
何故何かを信じないといけないかなんて分からないと思う。下手をすると信じれば自動的に問題が無くなるって
思い違いをし始めるかもしれません。ハイヤーパワーがする事は大体逆だから嫌いになるでしょう。

さらっと書きましたがここら辺がミソなの。ハイヤーパワーなんて極悪番長みたいなもんだからw
ただ頼りになる事は確かだよ。言葉の一部分を取り上げて論争したくなる人の為に書いておくけど。
BBの中に人間の力でどうにもならないけど、その力だけはどうにかしてくれると書いてある、それが正解だね。
私たちはギャンブルの前に無力であり生きていくのがどうしようも無くなったから大きな力を信じて、
ゆだねて見ようと決めた。言い方を変えるとすればギャンブルに振り回されて負けを認めたので、
大きな力のやり方で行きなおしてゆこうと思いました。そして点検表を作るんか、過去の。こんな感じじゃろ。

そうするには。点検表を作る前にやる事といえば。

まぁ布団に篭る事じゃねーわな。認めて信じて委ねる。委ねたらすぐ取り掛かる。
けど委ねる前はしつこい位プログラムしていかんとね。それは嘘っつー方は12&12の読みすぎ。
そうでなきゃチャッチャチャッチャと進めようとし過ぎているだと思う。以前居てくれたスポンシーさんには
悪い事しちゃったと思いますもん、その反省を生かして行かないと。そして自分が渡されていた頃を
思い出すとスポンサーの所に通っていた日々を思い出します。あぁ。あの町が懐かしい。

てんほうでさえ懐かしい。ジャスコとかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR