本人と周りの人

ある知人から聞いた話です。

その方の奥さんが市の検診で乳がんが見つかったそうです。
県立の病院で精密検査を受けた所、他の部位への転移の疑いも無さそうで、
文字通り早期発見なのですが本人は早く見つかって良かったって感じでも無いそうです。

来月手術の予定でして、その後も放射線治療を受ける予定らしいのですが、
転移は無さそうと言われているのにも関わらず、全身に転移しているのではないか。
もう余命は何年も無いのではないか。なんで私なんだと毎日ではないのですが、
日によっては荒くれているようです。年代は自分と同じぐらいですので
もしかしたら更年期も重なっているのではと思いますが、渦中の人たちは文字通り渦中です。

時間によって解決してくれると良いのですが。

その話を聞いていて思い当たるものがあります。それは知人も私も当事者ではない。
どんなに言葉をかけようともどんなに思いやりを示そうにも病気なのは本人。
前向きだへったくれだと言っていても本人から見ればあなた達にはわからない。
それはそうでしょう。挙句の果てには頼れるのはあなただけなんだからと、
暴言染みたことを言われた後に八つ当たりをされながら言われても、
何で言われているのかは解る物もあればあれば解らない物もある。

どんな苦しい時にも楽しみがあるってビルは書かれていましたが。

やはり当事者同士でないと分かち合えないものがあるのでしょうね。
経験の無い人は経験者に、現在進行中の人は同じ立場の人にしか
共有できないものは絶対にあるのでしょうね。例えば手術後の事や
その後の治療の事とか保険のこととかさぁ。

ギャンブル依存症も同じことが言えて他の依存には無い部分、
例えば借金がすくすくと育ってゆく様子とか、周囲に泣き付いて
借金を払い終わったら枠が増えてニヤニヤしちゃったとかさぁ。
それでも自分らにはミーティングという場所がある。ただのゴミ捨てになるか
経験と解決を分かち合うことが出来るかそれは時と場所によって違うけど。

あなたの話を聞かせてください。代わりに私の話を聞いてください。
黙って話を聞いていますから。反応すると受け狙いの話をする人が居ますので(笑)

人に言いにくい病気であるからこそミーティングは効くのでしょうね。
当事者同士の。同じ病気を持った当事者同士の集団であるからこそ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR