へびの生殺し

いつの日にかうまくギャンブルをコントロールしてやろうなんて
妄想を長い間それはそれは大事にしていました。

例えば今日は財布の中身を0にしないで明日の食事代ぐらいは
残して帰る事ができた。もしかしたらこの調子でうまくギャンブルと
お付き合いする事が出来るのではないかなんてもう狂気まるだしの
言い訳と正当化を用意してだましだましギャンブルをしていました。

ちょうど7年前の今頃はGAにつながる直前の混乱した
時期でしてゲーム喫茶に行かなければ良いのだろうと、
パチンコ屋さんで無為な時間を良く過ごしていました。

ある物語の中に出てくるのですがビール実験をしている
最中のアルコホーリクの姿と考えに良く似ているような
気がします。パチンコなら大丈夫であろうと。

なんでそんな話を書き出したかというと昨今の1円やO.5円に対して
少し思う所がありまして、別にパチンコ屋さんの掃除をしている頃に
汚れすぎて業を煮やしていたとかそういう訳じゃないのですが、
少しは有るかもしれません。汚くて仕方なくて。アハハ。

つーか再発して戻ってこない仲間のうわさで1円の店に
入り浸っていたって聞いてから思ったんですが、
このマイルドさは一体なんだ。1日はまっても1万ぐらいの
出費で終わると底を着きたくてもつけないだろうと。
それもやっている本人からしてみたら1円だからねぇ。
小遣い銭ぐらいで遊んでいるんだもんねぇ、なんて考えているので
ないかと思うとまだるっこしくて仕方ない。はたから見ているだけでも
それならばがっつりとぶち込んで綺麗に借金をこさえて底をついた方が
まだ扱いやすいじゃないだろうかと思うわけです。

マイルドヤンキーではなくマイルドギャンブラー(笑)
どっちかにせーよと思う訳ですね。まぁどうでも良い話ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR