一日は24時間以上にはならない



仲間の噂によると新宿に回復施設ができたそうです。

新宿と言うと山梨からは直近の大都会でして、高速バスの終点であり
過去いかがわしい逸話を数多く繰り広げた場所でもあります。
回復初期には過払いによる返還で何故か小金があって時折風俗に
行っていました。ギャンブルに対する衝動とか欲求とかを
浪費で誤魔化していた時期でして、後で素面が身に付いた頃に
あのお金が有ればこんなにお金の苦労はしなかったのにと
後悔する事となりました。義母からもらって長い間使っていた
原付が駄目になった時に自責の念に襲われましたねぇ(笑)

お金を使って誤魔化したり他の物に依存したり、
自分の場合はお酒や浪費でしたが、回復が軌道に乗るまでは
誉められたような事は一つもしていませんでした。
でも自分からしてみればギャンブルをしない事を
認めてもらいたかったですね。家族から。特に奥さん。
やらない事なんて始まりでしか無いのですが、
やっぱり止めるだけでも大変だったんでしょうね。我ながら。

あの頃と言えば頼りになるギャンブルは無い。
自分自身なんてもっと頼りにはならない。
それでいて解決方法なんて無い。ただミーティングに
通うだけの時期でして、正直この先どうなって行くのかなんて
解りもしないし解っても怖くて仕方有りませんでした。
もし仮に間違えて筋トレとかジョギングとか健全な方向に
依存し始めたとしたら自分の問題にたどり着くのは
まだ後の事だったと思いますが幸運にも東スポ系な問題でしたので
およそ二年で第二回目の底付きを迎える事となりました。

俺っていったい何なんだ?

形容するとすればこの言葉につきます。ギャンブルが止まって
善人を目指して努力しているのに何だこの生きづらさと焦燥感は。
自問自答しても答えなんか浮かばないしまして無力を素直に
認めていた訳じゃないので自分でどうにかしたい気持ちが
根強く心の底にこびり付いていたんでしょうね。
自分がぜんぜん当てにならない事が解るまでの日々。
別居して毎日毎晩自殺願望に襲われていたあの頃。
自分には解決法が無い事が解るまでの二年間が、
良くも悪くも自分を支えているのも確かなんでしょうね。

一歩間違えていたら死んでいるかホームレスかどちらかだったかな。

良く言う言葉ですが簡単に手に入れたものは大切にしない。
本当にその通りですよね。未だに馬鹿の一つ覚えで
朝祈って日常の中で点検する生活を繰り返していますが、
他に回復できる方法は知らない。他の方法はその道の
専門家に任せて馬鹿の一つ覚えを繰り返す訳ですよ。

今はそれで良いと思います。現にギャンブルをしたくないのですから。
これからも24時間の繰り返しですがギャンブルを必要としない毎日を
送れたらそれで良いですね。あとちょっとの小銭と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR