見込みが無い。見込み客じゃないよ。

ステップ1の話です。ご存知の方も多いと思いますので与太話として。

BBのやり方でステップを進めると、読み合わせの前半の多くが
精神と肉体の問題である事を正確に理解することに使われます。
具体的に言うと医師の意見から第三章まではステップ1について
あの手この手の表現を使って、それはそれは詳しく書かれています。

12&12はちょこっとしか書いてないけどね。

ちょっと話は変わりますが現場仕事の世界には
どの業種でも大体KY訓練と呼ばれる物がありまして、
色々なケースから危険のポイントを探して対応を考え、
指差し呼称をして終わります。危険のポイントを探すことから
危機管理能力と感受性を高めるのが目的なんですが、
この絞込みの作業を反復する事から段々と問題を探すのが
上手くなるんですよね。自分はあんまり得意なほうじゃ無いですが。

さて精神と肉体の問題を仕分けする事によって得られる
メリットの一つには何を変える可能性が残されているかを
正確に理解できることでしょう。これが解らないうちは
いい人になればとかお金を持ち歩かなければとか、
趣味を持つだのパチンコ屋の前を通らないとか、
下らない努力を重ねることになるのでしょう。自分もそうでしたが(笑)

狂気狂気と何回も記されているのでうわーやりてぇ~~~なんて
叫びながらゲーム喫茶に飛び込んでゆく光景を想像しちゃいますが、
実際にそれはじんわり、若しくはポカッと頭に浮かんでくるものでして、
そのちょっとなら大丈夫とか自分へのごほうびとか、再発して後は
ぼっこりと落ち込むのが目に見えているのに、再発するのに都合の良い考えや
言葉を何処からか持ち出してギャンブルをしようとするのが狂気ですよと。

それが精神の部分、これをどうにかする方法を、どうにかしてもらう方法しか
今のところ見つかってないわけでして自分みたいな半基地外のような
ギャンブル依存症患者が自分のコントロールの中でギャンブルを楽しめる薬が
開発される見込みは今の所は全然無いようです。見込みが無い。

さて見込みが無いって何回書かれているのでしょう。アハハ。

本を読みながら問題の本質に対する情報を仕入れるというのかな。
まず回復に対する考え方の基本をつくる所だからね。あと今提案しているのは
ミーティングで仲間の話を聞きながら精神と肉体の問題を仕分けをしなさいって
仲間に提案をしてるのですよ。これも反復訓練ですからねぇ。ちゃんとしないと
段々とぼやけてくる。だらだらしたミーティングだとあれですが、
本来は宝の山なんですよ。仲間の話って言うのは。本来はね。
あと狂気について考えましょうって。日々常に。ぼやけちゃいけないのですよ。
何をすべきか、何が問題なのか、どうすれば取り除かれるのかって。

ここら辺まで読み合わせてこりゃ信じなくちゃいけないのかなと
少しでも思ってくれたら大正解なんだけど、あっさりと信じてくれないのを
想定して次の章が用意されている訳なんですよ。
まぁ簡単にいかないのは仕事もプログラムも一緒ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR