基本に忠実なんだろうかと

今回はちょっと微妙な事を書きます。デリケートゾーンについての心だ。

あるグループの機関誌に最近基本に忠実なんだろうかと言った事が
書かれていました。クロストークがあるとか別の書籍を使っているとかの
思い当たる事も少なからずある内容でした。この別の書籍については
まぁ書きにくい事をはっきり書いてしまうとGAの中でもAAの書籍を
使用して、ステップミーティングをしているグループはあります。

GAの中にもステップ関係の書籍はあるのですが、本家本元の方が
詳しいのも確かです。それをグループのミーティングとして
使用して良いかどうかは各グループの良心に委ねられるのですが、
グループハンドブックにはGAの書籍を使いなさいと示されています。
この一文を読む前は肯定論者だったんですが、今は慎重論になってます。

根拠としては一体何だろうかと考えると何のミーティングか
曖昧になるのを心配しているのか、もしくは初めて参加した仲間が
混乱しないように配慮しているのでは無いかと思います。

もし仮に読み合わせをしたり分かち合うとすれば
ミーティングが始まる前に仲間内でとか終わった後にとか
本体のミーティングと分離する必要があるんじゃないかと思います。

あくまで個人の意見ですが。

ステップ無しには本来ミーティングは成立しないでしょう。
テーマミーティングの危険性は逸脱する自由が多分にあるので、
ステップ0状態でもミーティングが一応は成り立つ点にあります。
かといってステップの書籍を読み合わせた後に分かちあうのを
単純にステップミーティングですと呼んで良いかどうかは疑問が残ります。

どうすれば良いか。本当にどうすりゃ良いんでしょうかね。

かなり前の話ですが、ある自助会のミーティングで仲間から
テーマを司会者が募集した時にステップ3と言い放った仲間がいました。
あとでその仲間がある著名な先行く方と知る事になるのですが、
この時に感じた感覚がある意味で正解なのかも知れません。

今日のテーマはステップ3.etc.どなたかテーマミーティングの司会を
なさる時にお試しになられて下さい。どんな分かち合いになるのかな★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR