今日一日ギャンブルは要らない

自宅のパソコンがすっかり重たくなってしまったので
最近はネットカフェに行ってパソコンを使っています。
音楽系のアプリが二系統あったり使うのか使わないのか
良く解らないけど娘達がインストールしたので消せない
アプリがあったりして重いなんてレベルじゃありません。

自宅では食卓の端っこにノートパソコンを置いているのですが、
誰かがパソコンを使うとちょっとしたお菓子や飴を入れている
缶がすっかり軽くなります。みんな動作がのろいので
血糖値をあげて爆発するのを避けているのでしょう。

今も仕事帰りに寄ってこの記事を書いているのですが、
意に反して長居する時があるのが辛いです。一時間で
500円なんですが、10分単位で80円ずつ加算されて行きます。
良心的なお店である線を越えると自動的にパック料金に
なるのですが出来れば一時間位の方が良いです。
でも一時間だと何をするにも忙しいです。遊びに来ているのか
働いているのか良く解りません。漫画を読みながら
カレーを食べてCDを取り込んで同期してさらにネット上を
徘徊するなんてもう病気の症状としか言えません。

詰め込めば詰め込むほど器が広がるなんて、まるで
バブルの頃の何とかトモローの記事の中の話みたいです。
よく買っていました。特に某訪販会社にいた頃に。
あの頃の常識は非常識になっちゃいました。
世間から何年か遅れて自分も理解できましたが。

ところで。

いつの事か忘れましたが仲間が自分の根っこが普通の人とは
ずれているのを認めるのは中々難しかったと言うような事を
話していたのを耳にした事があります。底付き前後のドタバタの中でも
出来れば自分の何処かに当てになる部分があればと思う気持ちは
自分にも記憶があります。自分で自分の人生を支配したかった。
その目指す物がずれているのは出発点からずれていたと。

根っこがずれている。もしくは私はクルクルパーですって
認めるのは本当に難しいです。でもその先に解決がある事を
信じる事が出来れば認める事が出来るのでしょう。

人生に相対して修正を何とかしたくて公園の木にぶらさがった
仲間がいます。つながってからは話題になるのですが、
つながる前に残念ながら死んじゃった人はどれだけ居るのかは
解りません。新聞に時々出てくる使い込みの事件は氷山の
一角として問題の大きさを示しています。遊興費と言いますが
ギャンブルがほとんどなんでしょうね。多分。
みんな自分で何とかしようとした結果なんでしょう。
自分も出来るなら自分で何とかしたかった。人生のすべての事を
取り仕切りたかった。だからつながってしばらくは辛いだけだった。

認める・信じる・委ねる 昔から言われている事ですが。

自分の考えで人生を修正するのが出来ないなら
神様の真似事なんか止めて地に足を付けたらよいのに、
そこまでに至るまでの痛みや苦悩みたいな物から
逃げまくって挙句の果てには自分勝手に卒業しちゃった気に
なっちゃう人も居るようです。幸いにも自分は別の道を
歩む事が出来ました。永遠に執行猶予である事に感謝しています。

回復しても偉い人にはなりません。回復しても良い人にもなりません。
でも普通の人のする事は段々と出来る様になります。普通らしくなります。
普通らしくなってギャンブルをしないのではなくてギャンブルが
要らない生き方をする事が出来れば良いなぁと。それが新しい生き方かな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR