不正直さについて考えてみた

GAに繋がるまでは何回も色々な方法でギャンブルをやめようと
苦心したものでした。ギャンブル依存症と言うとまるで遊び人の
ように思われますが、非常に勤勉にお金を工面してストイックに
ギャンブル場で散財していたものでした。まるで修行僧のように。

努力すればきっと夢は叶うのかも知れませんが、そもそも
自分が持っていた夢は人の前で話すのもためらわれるような
夢ばかり見ていたので叶わなくて良かったです。
品性下劣か非人情か自己中心的な物ばかりでしたので、
叶っていたら今頃しっぺ返しが来て刑務所か精神病院で
この晩秋を迎えていたでしょう。もしくは死んじゃって居るとか。

ところでスリップという言葉があります。
回復を目指している最中で再発してしまった事を
指すのですが、幸か不幸かギャンブル依存症の場合
匂いがしたり顔色が変わったりしません。
厚顔無恥で人格が崩壊している人ばかりとは
限りませんが長い借金生活とギャンブル暮らしの為に
嘘を付くのは得意中の得意です。ため息をつくより
嘘を付いた方が簡単なのかもしれません。自分は簡単でした。

どんな風にスリップすればうまく戻れるのかはわかりません。
自助グループに来てから幸運にも再発は無いので、
スリップしてからの心境は仲間の話から見つけ出すしか
知る術は無いです。ただ解るのは嘘を付くのに良く似ているのかなと。
小さい嘘を付いてそれが大きくなったり付き続けなくちゃ
ならない状況に追いやられた時の良心の呵責に良く似ているのかなと。

ガーンと消費者金融を天井まで行かしちゃう様なスリップの仕方は
今まで聞いた事は無いです。むしろ最初はぼそぼそと小さい何千円かの
単位でギャンブルが再発して段々と加速して以前のように
無茶苦茶になるのは時々聞く話です。非常に残念ですが。

骨折も一回でボキっと行くのは治りが比較的早いそうです。対照的に
薄紙が重ねられてゆくようにダメージが蓄積されて行く疲労骨折の方が
完治に時間がかかる事を何処かで聞いたような気がします。
回復に対して心が折れることの無いように、完全なアブスティネンスを
体現するのは非常に私には難しいかも知れませんが
せめてギャンブルを止め続ける事だけは苦心し続けて行きたいと思います。

せっかく多くの仲間と知り合い分かち合いを通じて
お互いの問題を解決する方法を持つことが出来て、
新しい生き方を学ぶ機会に恵まれたのですから。

薄紙のように不正直さを溜め込むような生き方は
選ばないように注意して行きたいですね。
ハイヤーパワーを軽く無視しちゃうとかさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR