愚痴話

ある仲間の話なんですが、ミーティングで会う度に
「なんでこんなにみなさん暗いのですか」と言っています。
ギャンブルが止まって良い事しか起きて無いのだから
もっと笑顔で居ましょうと呼びかけているようですが、
そばで聞いていると、棘を感じます。
正直な話ちょっと嫌悪感を感じています。

思いやりが足りないんじゃ無いのかな?と思いますが、
聞き流してあげる方が良いのですかね。

話は変わりますが、最近は自分のホームを含めて
色々な依存症を皆さん新発売してくれています。
例えば批判依存症とか素敵な依存症とか.......
話す前に「強迫的ギャンブラーの.......です」と言って
話を始めるのは自分が何者で有るかを確認する為と先行く方に
教えて貰いました。
そんなに色々な依存症の称号が必要なのでしょうか?
ある方は抗酒剤に対して依存とコールしています。
それは無力に成るものなのでしょうか?

あくまでもミーティングとは経験と力と希望を
分かち合う場所であって欲しいのですが、
テーマからは逸脱したり、何でも良いような話で終始したり。
頑固で偏屈なGAメンバーの私にしてみると
なんだかなぁと考える場面が多いです。

テーマミーティングって難しい面があります。
ただの露悪趣味で終わってはいけないし、
できれば回復のプログラムに関係した内容で
テーマを出して行かないと何のミーティングか解らなくなります。
でもステップミーティングで「女」の話始めた人居たっけ....

駄目だこりゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR