セールス鴉

今週一杯で8ヶ月慣れ親しんだコースに別れを告げる予定でしたが、
フォークリフトの社内検定の関係でコース替えは延期になりました。
フォークで仕事をするのは以前より基準が厳しくなっているそうで、
いまおいらの検定の申し込みが上部組織へ申請されています。

おかげで残業少な目な中で毎日講習を一時間受ける事が出来まして、
何となく今月の見通しは明るいような気がします。気だけかもですが。
全国レベルの大会でするのと同じ様な内容で講習が行われているので、
この勢いで推薦しちゃう?なんて指導員殿はおいらをからかいます♪

冗談でも所長に持ちかけたらその後の大騒ぎが予想されます。
結構ハイテンションな方なので取り越し苦労が始まりそうです。
もし出場なんてなったら事業所全体で応援に来そうです。

勘弁しておくんなまし(笑)

話は変わります。

ふと昔働いていた営業会社の上司の事をぼんやりと思い出していました。
特徴として個性が激しい。もとい個性豊富な方ばかりだったのですが、
共通する特徴があるように思えます。それはどの方も非常に勤勉でした。

生き馬の目をほじくり返すセールスの世界で役職者として
生き残り続けるには、上からも下からも非の打ち所の無い勤勉さが
必要だったんでしょう。ある線までは自分で売れば良い。
それから先は部下の売り上げで出世が決まる仕組みになっていたので
みんな非常に面倒見が良い。ある方なんてやくざの親分さんのような
雰囲気と貫禄を身につけていました。

つーかさぁ、最初見たときはやくざだと思いました。絶対に。

滅私奉公といえば滅私奉公。何の為にするのかはっきりとした
組織でしたので、個々の意見なんてものは存在しませんでした。
社長がやれと言えばやれ。販社の社長がやれと言えばやれ。
部長がやれと言えばやれ。課長がやれと言えばやれ。

出来なければ出来るまでやれ。やらないのなら辞めろといった感じです。

徹底的なトップダウンの組織でしたので、不満も疑心暗鬼もありません。
存在する余地も有りません。ただ言われるようにやり続け、
目の前のにんじんを追い続けるだけです。それが個人売りにつながり、
車売りにつながり、課売りにつながり、支店売りにつながります。

でも人間ですから嫌な奴からは命令されると反発する物ですが、
不思議と自分がお仕えした上司は意地賭けてというような
その当時良く氾濫していた言葉を快く受け止めてくれました。
男気ある口調でやって来いと檄を飛ばされ現場に出ましたね。

意地賭けて。

朝のプレッジの中、中間報告の電話口、延長を申し出る際。
殺伐とした会話の中にふと思われているのだなと感じる時、
その人の為に売り上げて帰ろうと思う気持ちが芽生えました。

今まで出会う人には恵まれていたのかもしれません。
でも気が付くのは遅すぎたのかもしれません。
セールス鴉を歌いながら年を取りたかったのですが、
よこしまな心が強い当時の自分には訪問販売をするのは
無理だったようです。お客様の為を思ってする事ならば
少しのオーバートークもサービスに変わるのに自分の事情ばかり
お客様に押し付けていたので、いつしか売り上げは伸び悩み
セールスの道を諦めるしかありませんでした。

額に汗して作ったものは額に汗して売らねばならぬ。

何の為に懸命になるのか。何を求めて身を削るのか。
あの時は解らなかった事が解っても仕方の無い現在になって
解り始めたような気がします。もし自分を創るにあたって
原点と言うものが有るとしたのならセールスマン時代が原点で
有ると思います。狂っていましたけどね。かなり強烈に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR