社会と仲間に対しての責任

昨日は行われたパレードの列に加わってきました。
雨の中、一生懸命に誘導していた実行委員会の皆様の
姿には感動を覚えずには居られませんでした。お疲れ様でした。

これが最初でこれから続いてゆくと祈念いたします。
来年は山梨からも何名か一緒に参加しようと思っています。
GAの活動ではなく一個人としての参加でしたので、
仲間に対してはあまり誘いかけはしなかったんですが、
山梨に帰ってきてその足で行ったミーティングで
この仲間達と行けたらもっと楽しかったなぁと思いました。

しばらくお会い出来なかった某施設の施設長にお会いできたり、
同じ共同体の仲間にも会えたり、スポンサーご夫妻にもお会いできて、
実りある一日でありました。今書きながら思ったんですが、
本当にNAの仲間にはお世話になっていたんだなぁ。

ところで最近来たメーリングリストで知ったのですが
近県である勉強会を開こうかといった動きがあります。
関東ではいくつかの勉強会がある事をお聞きした事があるのですが、
地方にはまだまだ拡げる余地はあるみたいです。
必要があるのは確かですが温度差があるのも確かでして、
BBの日本版の個人の物語ではアプローチの仕方が
一般に言われる12&12のやり方でステップを踏んでいるように
感じられます。これが日本式なのかなと認めたい所ですが、
ある仲間がステップセミナーの中でちゃんとしたAAを
やらなければ苦しくなるだけだと言い切っていたのを思い出します。

ちゃんとしたGAとは。ちゃんとした12ステップとは。

RDPでのアプローチしか私は経験がありませんが、
BBに書いてある事をそのままする事しか私にはわかりません。
革新的と言われても保守的ですと。なぜ第一部が出版当初から
翻訳は多少変更されていても変更が無いのはそこに真理が書いてあるから
変える必要は無いのでしょう。真理って変わらないから真理だし。

依存の対象無しで、どうやって生きてゆけば良いのかが分らないのなら、
どうやって生きてゆけば良いのかを知っている人に尋ねれば良いのでしょう。
BBを読み進めて行動に移して行く事で普通に生きてゆけるのなら、
実際にそれをすれば良いのでしょう。何かしなくてはいけないのは、
何となくは感じています。出来る事は限られているにしても
行動し始めなくてはならないのは感じています。

私に何が出来るのでしょうか。ビギナーの域を出たばかりの私にも
何か出来る事はないのでしょうか。先行く仲間に自殺願望がある
仲間の事を相談した時にその絶望には出口がある事を示し続けて行く事が
大事であるのを自分の責任として教えて頂いた事があります。

絶望の淵とは。それは自分も約三年前に居た場所でして、
いつでも戻ろうと思えば戻れる場所であります。もう嫌だけどね。
いきなり何かを始めてそれで全部ぶん投げてそれだけって訳には
家族に対しても社会に対しても許される訳ではありませんが、
何か自分で出来る範囲の事をやり始めようかと思います。

自分の回復は回復としてね。あくまでも出来る範囲でね。
何かしなくちゃと言う思いが少しでもあれば自分の手の届く重さで
責任が与えられてゆくのでしょう。それを決めるのはハイヤーパワーですが、
何も無い所には何も与えられないでしょう。今は思うだけですが。
思いが願いになって行動を伴って変質してゆくのなら、
今は来る日の事を考えて積み重ねてゆかないとね。

時計は逆回りしないし、木曜日に聖人になれないからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR