ミーティングについて考えてみた。

先日からミーティングについて書いています。
多分これで一区切りになると思います。多分。

テーマミーティングってのも微妙な奴でして、
結構最初出したテーマから逸脱が始まるんですよね。

テーマの選び方も司会者が決めたり仲間から募集してみたり。
私が居る甲府グループでは仲間に今日分かち合いたいテーマを
お持ちの方と呼びかけて募集しています。無ければ司会者が出す事に
なっています。会場のノート見ながら最近出ていないのを考えてね。

以前プレスが入った時にちょっとなんだかなぁと言った
テーマを出されて苦笑しそうになった事もありました。
こんなデメリットも確かにありましたが大体うまく行っています。

テーマを出すってのは回復の途上でみんなが共有する問題を
どう対処しているのか聞きたいからテーマを選ぶのであって、
何でも良いって訳じゃないんでしょうね。否決されましたが、
過去自分が歩いてきた中で一番強烈なテーマは「糞」
おいおいそれは無いだろうって瞬殺されましたがw

だってみんなするだろうってその仲間はグジグジ言っていました。

テーマは20の質問から出したり、ハンドブックの中の言葉を選んで
出したり色々です。ただ暗黙のルール見たいな物が有って、
何となくGAのミーティングらしい言葉を選んで出しています。

テーマミーティングのメリットとしては色んな要素の一部分だけを取り出して
分かち合えますので壷にはまった時は半端じゃなく深く分かち合えます。
外れた時はまぁいいでしょう。消化試合風になる時もあったりしてw

最近気が付いたことなんですが、ある程度ステップを踏んだ仲間だけで、
テーマミーティングが出来たら本来ミーティングで求められている
経験と力と希望を分かち会う事が出来るのでは無いかなぁと思います。
賭けている時の話はもう良いからそれからどうしたかを聞きたいのは
本音と言っても良いんじゃねぇかなぁ。だってさぁ、GAに始めてきた頃は
自分はこれからギャンブル無しでどうやって生きたら全然解らないからね。
不安で不安で仕方ないけどギャンブルは続けられないし、
でも止め方なんて到底解らないし。だからどうやって生きたら良いのか、
目の前に居る今止めている人達はいったいどうやって生きているのか。

GAに繋がる直前に思っていた事はこのまま絶望に満ちてお終いにするのか。
それともどうにかして生きていくのか。生きていくのなら、
どうやったら生きてゆく事ができるのか誰か教えて欲しいって。

実際にステップを手渡されて見て解った事はその答えは
全てプログラムの中に有ったんだけど、最初の頃って
止めるのだけに全力が必要じゃん。今日一日なんて戦いの連続で。
凄く長い今日一日の連続でこれは止めないほうが楽だったなんて
ちょっと頭をよぎる事も有ったんだよね。本当に今日一日は長かった。

知りたかった事はすぐに手に入る事は無かったけど、
その長すぎる今日一日は今の回復の基礎を作る事に少なからず
プラスになっていたんですよね。今までを振り返ってみれば
最初の一年はまず自助グループに慣れる事。次の一年は足で回復する事を
覚える事。そして今過ごしている三年目はプログラムを実践する事。

8月23日以降はまた新たな課題が与えられるかも知れませんが、
どうしようも無いミーティングを一生懸命やる事が新しい展開なのかも
知れませんね。予感としてはそんな風に思っています。

霊的に目覚めた人はステップステップってガナリ立てるのかなぁ?
新しい自覚を持つには今のままではちょっと足りないものが多すぎる
ように思っています。テーマミーティング。別にステップを前に
出さなくてもステップを感じられるミーティングが出来たらなぁ。

きっとそれは自分では思いもつかないタイミングで実現するのでは
無いかと思っています。その場に居る事が出来たらなぁ。
それを体験できたら依存症者冥利に尽きると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR