・仲間の話・

GAにつながった当初は親しい仲間は一人も居ませんでした。
無理も無い事です。ミーティングが終わると逃げるように、
駅に向かっていましたから。そのうちに何人かの仲間と
会話を交わすようになって、知り合いみたいな感じになってゆきました。

山梨から来ている事を告げるとみんなびっくりするので、
その反応を楽しんでいる所もありました。回復していなかったなぁ。

同じような体験は他の山梨の仲間もしていたらしく、
終電を高尾の駅で待っている光景はとても寂しかったと、
お互いにその頃を懐かしく思い返す事もあります。

先日自分のプログラムの為に横浜に行った時に、
自分が始めてつながった会場で午前中に開いていた
他のアディクションのミーティングにお邪魔してきました。
改めて関内の駅からそこまで歩いて見ると、
結構距離があって良くいつも乗り遅れる事無く山梨まで
帰ってくる事が出来たなと思いましたね。

神奈川のグループでミーティングにつながって
そのままそこに居ると思っていたとある仲間に
以前言われた事があります。なんでココに来ちゃったのと。
前のホームに居た時ですが、自分でもはっきりとは良く分かりません。
ひとつ分かっているのはある仲間にあなたは何々と、
なんだか遠巻きな事を言われたのがきっかけで、
そこのグループをホームにするのを諦めた事です。

その後昼間に開いている会場をHP上で知ったのが
きっかけで当時山梨から一番交通費がかからなかった
グループをホームに置く事になるのですが、
つながりたてのまだ何も分からない頃は、
自助グループというのに不信感を抱かせるのには
充分な体験でしたね。特に悪意は無いと当時も今も思っていますが、
もっと回復して見たいと思い始めたのはその時が一つの節目になっています。

正直に書きますが、前のホームにいた時から
山梨に会場を開くのは自分の目標の一つだったんです。
遠くから通っているのに役目を志願したり、
ミーティングの形態を弄繰り回したりしたのは、
将来の自分の為にしていた事で、別に周りの仲間を
思いやってしていた事では無いんですよ。

その当時の事を振り返ると自分では気が付かなかったんですが、
段々と上から目線の接し方を仲間に対してしていたと思います。

ある日、仲間から罵倒された事があります。
その日は仲間の訃報を聞いた後で非常に精神状態が悪く、
我ながらちょっと問題のある言動があったと思います。
お前になんか止め方を教えてもらいたくは無いわと
彼は五分ぐらい一方的に自分を罵倒していたと思いますね。

他の仲間は固まりまくるし、当時のチェアマンは気を使っちゃうし、
でも怒鳴りつけられた自分はさほど頭にこなかったのが、
不思議な感じでした。自分に落ち度があるのを分かっていたんですね。

その後再会した時は何故か打ち解けて、時々連絡をくれるようになりました。
先週の日曜日、彼のホームのミーティングに
お邪魔してきたのですが、相変わらずストレートなままで、
彼の良い所の変わらなさに安心しました。
多分粘りと頑張りで今止めているので、いずれ自分達と同じ道具を
手にしてくれればと遠くから見守るようにしています。

彼には常に気が付かされる時が多く、何故に親近感を覚えるのか
不思議でしたが先ほどの彼からのメールでやっと分かりました。
彼には自分に似ているところが多々あるんですね。

一年のバースデー おめでとう。今日は行けなくて御免ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR