狂気の沙汰ほど面白いについて考えるの心だ

この記事を書く為にアカギのテーマソングを貼っていたかもね。
強迫的ギャンブラーのヒロです。種目は違法ゲーム機賭博です。

妄想、妄言が頭の中でグルグルと良く回っていました。
ゲーム機の前から動けなくなっていた頃ですねぇ。
無茶苦茶に負けながらも、ダブルアップで息を吹き返して
なんとか原点まで挽回しつつ有る時に良く自分の頭の中に
めぐっていた言葉があります。「狂気の沙汰ほど面白い」

本当に面白かったのかと思うと面白かったんでしょうね。
つーかさ、面白いと思わないといけないと思っていたんでしょうね。
なんだか複雑な風に書いています。口に出して言うと噛みました。

面白いと思わないといけにゃいともみょっ・・・・

この台詞の元は主人公がヤクザに囲まれて銃口を
口に突っ込む場面で出てくるのですが、
これはやっぱり漫画の世界ですね。現実じゃ無いわw
でも主人公に自分をなぞらえて口に出すんですね。
あとはねぇ「起死回生」とかさぁ、「乾坤の一撃」とかさぁ、
いま振り返ってみると理解に苦しむ言葉が良く出ていましたね。

バッカじゃねぇと自分でも思いますがきっと馬鹿だったんでしょう。
ドラマチックに演出したつもりで色々と場面を演出していたんでしょうw
まぁさ、妄想に耽らないと破綻していた現実に帰らないと
いけない訳なんですから、麻痺して居たかったんだろうね。

>誰も強迫的ギャンブラーに自分の夢に描いた計画がいつの日にか
>実現するなどということはないのだということを納得させることはできない
              (GAミーティングハンドブック P11)
       
今は正気の見習いをしていますので狂気はちょっと遠慮しておきます。
妄想は夜のおかずだけにしておきましょう♪最近下手ですがw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR