善意ってのも難しい

繁忙期のアルバイトで来ている同い年の人が居ます。
毎年募集をかけると応募してくるので、
いつも何をしているのか良く分かりません。

去年期間の終了時にもうそろそろどんな仕事でも
いいから正社員にもぐりこんだ方が良いよって
会話をしていたんですが、また会えたってのは
まだ職には恵まれていなかったんでしょう。

先週体調が悪くなったみたいで仕事に来れなくて
お金も無いし食べるものも無いみたいな話をしていたんですね。
電話口でちょっと高圧的な言い方をしてしまったんで、
ちょっと可哀想に思ったんで彼に少しお金を振り込んだんですね。
その話をしたそうそう何時入りますかって言うので、
信金からすぐに振り込んだわけなんですよ。

それから何日かして彼は仕事に復帰するのですが、
代引きの荷物を見るたびに釣銭の心配ばかりするのですよ。
なんだか可哀想になっちゃって毎日幾らか渡すんですが、
週払いの彼の給料を計算するたびに全部返したら、
生活どうすんだろうって要らぬ心配をしちゃうんですよね。

なんとなく良い事をしているような気になっていましたが、
本当は別に良い事をしては居ないんですよね。
満足しているのは自分のコントロール欲求でして、
また他人を意のままにしたいって気持ちの表れなんですね。

でもその本質にはなかなか自分では気が付かずに、
いい気になっていたんですよ。気が付いたのは
自宅に帰って奥さんと昼ごはんを食べている時。
他人にお金を貸したのは初めてだったんで、
いい気になって話をしていたらガツンとばかりに
怒られちゃいました。相手の方が上手だよって
ガッツリと怒られちゃいました。

なんで突き放して上げないと言われちゃって、
気が付かなかったようって言い訳をしちゃって
なんで釣銭無いなら上の人に話さないのって言われて、
こりゃ間違いをしているなぁって気が付きました。

善意ってのは難しい、純粋な善意ってのは難しい。
結局自己満足をしたかったってのは今なら分かるけど、
その時は全然気が付かなかったね。
止めちゃうかもって恐れがあって間違いの本質を
調べて見ると結局自己中心なんだよなぁ。

またこれかぁ。結構うんざりしてくるよなぁ。
そういえばぎゃんぶらー自己中心派って漫画が昔あったなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR