確かに生きてきた

冬の日のある運送会社

ギャンブルをしていた頃の生き方を全否定していました。
自分には感情が乏しく感謝も無く、人を傷つける事ばかりしていましたと
その頃の自分を否定していました。

まるで新しい生き方を選択する為の通過儀礼のように
繋がる前の考えや生き方を全て否定しようとしていました。

今日会社の喫煙所で煙草を吸いながら
ぼんやりと考えていた事なんですけどね。

何でムキになって変わろうとしていたのかなぁって
しばらくの間ぼんやりと考えていました。
どうやって今まで生きてきたのかなぁって
考えると無駄な事は一杯してきましたし
悪い事もしてきましたけど、少しは良い事や
人の役に立つ事もして来れたのかなって考えます。
動機は常に不純だったような気もしますけどね。

自分の心の中にも少しは良心があって
良心の呵責に耐え切れなくなって
借金を告白したのかも知れませんね。
だとすればハイヤーパワーはその時をずっと待っていたのかな。
なかなか辛抱強いもんだな、少しは見習わないと。

今日まで確かに生きてきた。人並み以上に働いていたし、
出世を夢見て能力以上に働くときもあった。
人よりも稼いでいたし評価もされた。
しかし対人関係のトラブルは常にあった。
そして何よりもギャンブルが原因のトラブルは
常に付きまとっていた。

何が足りなかったのか。
常識が足りなかった。謙遜が足りなかった。
謙虚も足りなかった。正直さも足りなかった。
感謝も足りなかった。愛情も足りなかった。
何よりも他人と協調して生きる気持ちが足りなかった。
そして足りなかった物を大切に思う気持ちが
そもそも最初から無かった。どうすれば良いのかも
分からなかった。自分以外に基準が無かった。
誤っていても正しくても自分以外に信用できるものは無かった。

でも生きてきた。間違いながらも生きてきた。
確かに生きてきた。そして間違いに気が付いた。
全て否定して180度転回する事は無理でも、
少しずつ自分の足りない物を手に入れていけたら良いなって思います。
感情的に否定するのではなく自己弁護で肯定するのではなく、
間違いは間違いとしてそのまま受け止めないとね。
間違えているのが分からないと直せないジャンね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR