どこから何処までがギャンブルか?

近鉄子会社の経理課社員が10億円着服
11月27日19時44分配信 読売新聞
近畿日本鉄道の子会社で、ビル管理の「近鉄ビルサービス」(大阪市)は27日、経理課の30歳代の男性社員が会社の運転資金約10億5200万円を自分名義の銀行口座に振り込み、着服していたと発表した。社員は「投資で損をした穴埋めに使った」と認めているという。同社は社員を懲戒解雇し、大阪地検特捜部に27日、業務上横領容疑で告訴状を提出した。同社によると、社員は2008年4月10日~今年11月10日の間、計70回にわたり、社内の経理システムを不正に操作して約10億5200万円を個人口座に振り込んだ。社員は取引先への現金振り込みを担当。自分の口座に一度に5000万円を振り込んだこともあったという。8月末の中間決算時、運転資金が不自然に減っていることがわかり、社内調査で発覚した。

果たして株はギャンブルなんでしょうか?
ある会場で実際に株でどうしようもなくなりましたって
お話されているのを聞いた事がありました。
偶然を自分の力って勘違いしちゃうのなら
充分にギャンブルとして成立しているんでしょうね。
パチンコとかポーカーとかと違って聞きが悪くないので
つい勘違いしちゃうんですが、お金が増えたり減ったりするのは
少なくとも私達にはコントロールできない物なんでしょう。

そういえば私は非合法な賭博ばかりしていたので、
パチンコ屋さんなら問題ないんだろうって
ずっと信じ込んでいました。おまわりさんに捕まらないしねw

ゲーム喫茶が摘発されてお客としてその場に居れば
狭い山梨県の事ですからたちまち居所が無くなっちゃうでしょう。
会社も首、お家も居れない、家族離散が即時に決定でしょう。
捕まったら見っとも無いから行かないでお父さんって
娘から言われてもそれでも行っていました。
本当にあの頃は狂っていたなぁ。狂いすぎだよなぁ。
涙混じりに訴えるもう行かないでって娘の言葉に
捕まったら死ぬしか無いなって考えていたんだよなぁ。

さて株の話に戻ります。投資信託も含めます。
今勤めさせていただいている会社の退職金は
確定拠出年金で運用されています。
幾つかプランがあって運用色が強いプランを
選んだ同僚は金額が増えたり減ったりしているので、
蒼くなったり赤くなったりしています。
面白がっちゃいけませんが時々もがき苦しんでいます。

少なくとも自分達には出来ないなぁ。
自分ですか?もちろん増えませんが減りそうも無いプランです。
銀行の定期預金みたいなプランですね。ヤバイと思ったからね。
堅実なのかって全然堅実じゃないんですが、
怖かったんですね、自分がもがき苦しむのが。

でもビックトゥモロウなんか立ち読みしていると
時々ムラムラする時がありますね。ど~んとお金持ちになりそうで。
でもFXって聞いてモリワキって連想するぐらいですから、
縁遠いものなんでしょう。みみっちく小銭で賭けるのが、
好きな私ですから一度に大金を動かすのは無理でしょう。

さて缶の中の小銭を信金に入金しに行きますか♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR