自分を超えた大きな力について考えてみた

強迫的制御不能系人格欠陥不可知論者故賭博者のヒロです。
関東近県山中盆地県庁所在地集団です。人格欠陥では無くて人格欠損かしらw
本能暴走と書くと甲南●場の看板になりそうだなぁ。

さてさて無力を認めたら解決策ってのが欲しくなりますね。
ステップ?で自分に解決する力が無いのが分かったとしたら、
解決策が無いと絶望の淵に立たされて困り果てちゃうでしょう。

泣っくのわめくの死んじゃうのぉ~~♪

あなたならどうするっと言う事なんですがどうしっか?
自分には解決できないんだぜぇ。自分の力だと全然。
でも長い間自分でなんとかするって考えに固執してたから、
抵抗があるんだよなぁ。無力ですってミーティングで話しながら、
私は自分の力で何とかするって考えが捨てられなかったな。

ある会場で家族の話をしながら自分が頑張れば良いんだって
下ろしていた事があります。自分ではその時気付かなかったですが、
後日先行く方から自分の力をまだ使おうとしているって指摘された事が
あります。直接では無くメールで教えていただいたんですが、
その頃はそうかもなぁとその問題は放置していました。
まだまだ自分の意思を信じていたんでしょうね。その頃は。
信じるまでに時間がかかったのは無力を受け入れていなかった。
有るのは分かったけど、大きな力を信じきるまでは
色々なトラブルと時間が私には必要でしたね。

GAに繋がってから大きな力が有るのは分かった。
自分しか信じていなかったからそれだけも大きな変化だ。
自分が生きているのは大きな力のおかげだ。
でも有るのは良く分かったけどそれが自分の問題を
解決してくれるのかどうかは、まだ不信感が大きすぎて
信じきるにはまだ様子を見ていよう。こんな感じかな。

その後信じざるを得ない事態になって行くんですが。
別居を始めた6月位から自分の生活は急展開が始まりました。
その頃から私のハイヤーパワーは存在を急にアピールしてきました。

なぜ相場の半額でアパートを借りられたのか。
そしてすぐに住む所が見つかったのか。
なぜ自暴自棄にならずに生きていられるのか。
かなり荒れていても最低限の生活ができるのか。
ギャンブルが止まっているだけでは信じてなかったけど
これだけの実績を見せられたら信じざるを得ないでしょう。
そして私は自分のマネージャーとしてハイヤーパワーを
全面的に信頼して一緒に生きていこうと信じ始めました。

信じざるを得なかったってのもあるけどね。
無力を認めてからどうするのって事だよね。

いつも一緒に居てくれてありがとう。
前に話したい事があるから出て来いって
あなたを怒鳴り散らしたのは勘弁してね。

私のハイヤーパワーさん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR