居場所が無い事について考えるの心だ

ありがたい事に地元に会場があるのでGA欠乏症にかかりません。
週に一回は楽しい借金話なんてしたいですからねぇ。

最近関東でのイベントに出かける機会が何回かありまして、
その度に懐かしい仲間にお会いできる機会に恵まれています。

ある集まりのスピーカーで出ていた仲間が同じ頃GAに繋がった人で
はにかみながらも壇上に立って役割を果たしているのを見て
不老町の会場で煙草吸いながらどうすりゃいいのかなぁって
お互いにぼやいていたのを思い出します。

居なくなった仲間もいるし新しい仲間もいるし
もちろん追いつかない古い仲間もいます。
関東の仲間に会う度に初期製品の私は
この人達にずいぶんと助けられた事を思い出します。

長距離通勤者では無敵だったなぁw

ところで横浜までブンブンと行っていた頃、
実は居場所が無いんじゃないかと思う事がありました。
みんなミーティングが終わってのんびり話しながら帰るのに
私だけ駅を目指して早足、もしくは猛ダッシュw
横浜線に揺られて八王子で乗り換えて高尾でまた乗り換えて
一人で寂しく帰って行くのは寂しかったなぁ。

その後四谷に通うようになって高速バスで
移動するようになったんですけど、
やっぱり寂しかったなぁ。寂しすぎてムフフな所へ
行っちゃった事もあったなぁ。

ある時、隣県の別の依存症のミーティングで
顔見知りになった先行く方から地元も使ったらと提案を受けました。

そして新聞記事に出ていた薬物関係のミーティングにお伺いしたのが、
地元でのミーティングでの最初でした。その後知る事になるのですが、
その当時は静岡や東京から仲間が駆けつけてくれていて、
実は地元の仲間は片手も居なかったそうです。
山梨のD施設の黎明期の頃ですね。あれから考えれば仲間が増えたなぁ。

私の基礎になっているのはそこのミーティングです。
甲府市を自転車で掛け捲る仲間達と過ごした時間が、
私の回復の基礎となっています。前のホームで行き詰まった時も
生き方の問題に辿り着いた時も帰る家が無くなったときも、
思い返してみればそこの仲間達に自分の問題を話す事で
ずいぶんと助けられたものです。

GAの私にバースデーをしてあげようかと声をかけてくれたり、
いつでも遊びにおいでと声をかけてくれたり。
自分が別居を始めた頃ずいぶんと心配をしてくれたり。
何も無い部屋に帰るぐらいならハウスに来ていなよと、
弱まっている時には必ずそこの仲間達が居てくれました。

いつでも助けを求められる仲間が居る。こんな心強い事は無いですよ、
今はGAの合間にお邪魔する程度になっちゃいましたけどね。

だけど気が付けば施設の事務所に並んで生活費もらっちゃったりしてw

それでは明日のこころだぁ~~~~~~~~~~~~~~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR