司法書士事務所にて

ギャンブルで作った借金は自己破産を申請しても
免責まではなかなかならないそうです

その人の捉え方にもよりますが
金融会社との契約を守り長期間返済を続けるか
それとも法律家に入ってもらって
利息を免除してもらって返済を続けるか
選択肢はいくらでもあります

もちろん自己破産の申請も選択肢の一つです

ですが自己破産にしても民事再生にしても
借金そのものの減額はその時は良くても
将来を見ると踏み倒した事には変わらないと思います
過払いが発生していた上での減額は
正等な理由になりますが、それ以外は何なんでしょうね?

司法書士の事務所にお伺いしたときに
そんな話が雑談としてですが出ました。

道徳の問題じゃないですかね

確かに金融会社は安易にお金を貸しましたが
安易に借りていたのは我々です。

自己破産者は年間で何万人も居るそうです

別に否定するつもりはありません
死ぬよりはずっとましです

余力があるのなら任意整理でどうぞ
五年間の間苦しいですが
その後価値のある人生を送れると思いますよ。

ちなみに悪知恵を書きますが
最初任意整理で手続きをして
返済を有るまでしてその後
自己破産を申請すると
免責が下りる可能性が有るそうです

基本的には逃げちゃ駄目でしょ
諦める前に色々な方法を考えましょう

ところでココに来る方へ

返済の為の借金をする時点で
法律家へご相談して下さい

その時点でもう無理って事ですから

体験上の話ね♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR