だれか私の人生を



気を使いすぎて人間関係自体がおかしくなる事が時々あります。

自分も少しは回復したつもりでいたのですが、人間関係は相変わらず苦手でして、
少しの期間、誰かに対して気まずくなった事も時々あります。たまにになって欲しいw

共同体の中でも社会の中でも常にある事ですが、もしかして通常の人も
ある程度はあるのかも知れません。ただこの気を使いすぎてってのが
強迫的ギャンブラー特有の自作自演の問題なのが残念です。非常に。

誰かに命令されたり誰かに命令したりして、もしくは自分で全部考えるか
他人が全部お膳立てしてくれてそれに従うだけのどちらかが楽だと思いますが、
世の中には中間がありまして、昔のテレビのチャンネルのようにガチャガチャと
切り替わるのでは無く、ボリュームのつまみみたいに連続して変化するようです。

で同じように気を使いすぎて人間関係をおかしくする仲間も時々会うのですが、
その仲間と居て何となく居心地が悪い時があるのは同じ種類だからなんでしょう。
似た鳥は集まるとか似鳥祐子さんとか良く言いますが、同じ問題を持つ
ちょっと面倒くさい人の集団を自助グループというのかも知れません。違うと思いますがw

ACっぽい考え方の傾向なんだよなぁ。こういうのは。

これで小難しくセルフエスティームが云々つー話は止めておきますが。
スポンサーサイト

握切れ

ある一日のことです。

本業の休みが取れたのでこっそり副業の会社で仕事をしました。
テントの設営とかする所なんですが、以前少しは出来ると思っていた作業が
全然出来なくて非常に落ち込みました。簡単に言えば杭打ち。
テントが飛ばないように脚の部分に重りを乗せるか、周りに杭を打ち込んで
ロープで固定するかどちらかが養生として多いのですが、これがまた全然叩けない。
通算すれば現役の強迫的ギャンブラー時代から副業として日雇いをしていて、
自ずとテントちゃんに親しむ機会が多かったはずなのに久しぶりに持った
10ポンドの大ハンマーは、杭を打ち込む所か最初に食い込ませるのさえ、
容易ではありませんでした。セールスマン時代を除けば力仕事が多かった
自分としてはとてもショックで。とてもとてもとてもショックで。

去年の秋に50才の大台に乗ったんですがこれが年を取るという事なのかと。
そういえば老眼鏡も時々使わざる得なくなってきたり、小ぶりなジョン君も
元気が段々無くなって来て朝でさえ大人しいものである事も悲しい限りで。

どちらかと言えば頭より身体を頼りにしてきたので、あまりのだらしなさに
大げさに言えば死亡宣告を受けてしまったように思えたんですよね。マジで。
ほいで家に帰ってから同居人を捕まえて杭が叩けなくなったとぼやいても、
返答は今日はお産が犬も猫もあって疲れたと仕事の愚痴返しをされちゃいまして、
完全に握切れを起こしている手で何処かに行こうにも何かをしようにも、
手が使えないから何もする気にもなれず、あぁこうやって年を取るのかと。
もうこれで体力は下る一方で行く行く先は若いのには足手まとい扱いされて、
おじさん、もうここはいいからお掃除でもしていて何て言われて、
実は影では「あーあー、使えねーおっさんだわ(怒 」と影沙汰を叩かれるか
それともヤクマチを叩かれるかもう気分は老いた闘牛士、消える日暮れのと
もうまーくらな感じで一日を終えたのでした。本当に8時には寝ちゃったしw

でもさ、それってたまたまの事なのよね。冷静に良く考えると。
それでそんなに落ち込まなくても一年に何回もやる仕事でもないのよね。
確かに身体は何さ、若くなるはずは無いさ。でも若い頃よりは出来る事は増えたし、
これからももしかしたら新しい事を覚えられるかもしれない。可能性はあるさ。
一つの事に拘って人生お終いって事は無いのでしょう。確実に老いる訳だし。
これを機会にメンテナンスをしなくてはと思うさ、でも恥をかいた一日の為に
全部を棒に振ることも無いのでしょう。それで何が傷ついたか?

安全と共存両方だろう、何処に居ても有用でありたい欲望が傷ついたんだろうね。
それで有用である事で得られる収入が無くなる不安を感じたんだろうね。ではどうすれば?
これは体調と筋力のメンテナンスをする事なんだろうね。それもこれも含めて変化している。
変化するとは良くなる事ばかりではなくて、退化する事もあるのだからねぇ。

うん、表のやり方は確かに役に立つ。何事にも過敏な我々にとっては。

ためになりそうな仲間のブログのご紹介

回復とは正しい行動の継続で続けていくもの

最近自分を含めて更新をあんまりしない仲間が増えてきました。うーん。
そんな中、日に何回か更新するブログを見つけてきました。

GAの中にいる人のようでして、実況中継のように回復の日々を
綴っておられるのが素晴らしい。4・5直前のようでして楽しみに
見ているブログです。是非一読をお願いします。

回復とは正しい行動の継続で続けていくもの

やっぱしねぇ。回復っつーのは年数じゃないかも。もしかして。

メタボラーズアノニマス

メタボラーズアノニマス

メタボラーズアノニマスは経験と力と希望を分かち合って
共通の問題を解決し、ほかの人たちもメタボの問題から
回復するように手助けしたいという共同体である。

メンバーになるために必要なことはただ一つ、メタボリックシンドロームの
問題を解消したいという願いだけである。会費もないし料金を払う必要も無い。
糖質制限や運動も強制されない。私たちは自分たちの献金だけで自立している。
MAはいかなる宗教、宗派、政党、組織、団体にも縛られていない。
またどのような論争や運動にも参加せず、指示も反対もしない。
私たちの本来の目的はメタボから抜け出す事であり、
他のメタボもメタボから抜け出す事を手助けする事である。

私たちのほとんどは自分がメタボリック症候群とは認めたがらなかった。
若き頃の自分の体型が現在こんなにも崩れてしまっている事を
認めようとはしなかった。薄々は気付いていても鏡の前にも立てなかった。
自分で自分の事を恥かしげも無くデブと言える人間が居る訳は無い。
だから自分の腹回りをどうにかしようと、三日坊主に終わる運動、
一日で朽ち果てるダイエットを繰り返したとしても驚くことは無い。
どうにかすれば自動的に腹筋がシックスパックになると言う
妄想に取り付かれてショッ○ジャパンの餌食になった人も数多く居る。

私たちメタボは体型をコントロールする力を無くした。本物のメタボは
決して生活の習慣を一つもコントロールする事は出来ない。自分の
体重を維持する為に無駄に間食を繰り返していると言う事実に目を向ける
事も出来ないのだ。私たちも何日、若しくは何ヶ月間か体重を
自分でコントロールする事が出来たと思った事があった。

けれどそのちょっとしたあまり長くない期間の後には、必ずもっと
酷い状態がやって来て、基礎代謝が落ちた身体に向き合わないと
行けなくなった。私たちのような強迫性のメタボは進行性の病気にかかって
いる事を私たち全員が一人残らず信じている。少し長い目で見れば
私たちは悪くなることはあっても、決して良くなることはなかったのである。

だから健康で幸せな生活をするために、私たちは力のおよぶかぎり、
自分のあらゆることに、その原理を実践するように努めるのである。

と冗談で書きましたが、このプログラムのスリップは何でしょうかね。もし実在したら。
一つだけ想像できますが、もしスリップしたとして又共同体につながったら
二度とめちゃ食いが出来ないとすたみな太○とかハナ○サとかに行って
思いっきり無茶食いするのでしょうね。食べ放題系のね。あとはなんだ、
二郎の全部乗せぐらいは行っちゃうか。テラ牛丼とかもありそうだな。

泣きながらカルビ食っちゃったりしてw

日常生活は計画的にw

エイプリルフールにくだらない冗談を書くつもりでいたのですが、
あっという間に三日になっていました。色々と忙しすぎて。

忙しさの中には自作自演で忙しいのもあるのでしょうが、
仕事の関係上この時期はどうしても忙しいです。

前はこれに暮れと夏にも繁忙期があったのを考えると、
宅配の時代に応援に来ていただいた皆さんには
感謝しないといけないのでしょう。その当時は思えませんでしたが。

この仕事が忙しいとか時間が無いとかで交通切符の納付を
放置していた方の事が昨日の新聞に出ていましたが、
多分自分と同じように全部じゃなくて幾分かは
自作自演で忙しいんじゃないのかなぁ。面倒くさいしね。

自分も交通切符を再送付される事が過去に何回かありまして、
裁判所には行きませんでしたがギャンブル大全盛の頃は
お金を払わずに労役とかにしてくれないかななんて本気で思いましたねぇ。
その思考の働かせ方はギャンブル依存症らしいのかな。

面倒だと思うとなかなか手を出さない、けどやり始まると
やたらと慌しく事にあたるつーのは零百的な零百ですな。
そんでギリギリまでやらないのも特長でいつもギリギリな俺は
まるでタイトロープダンサーさなんて訳の分からない事考えてました。

うーん、依存症臭いw

計画性も協調性も何も無いのが恥ずかしい限りですが、
これで計画的にって考えるともうやたら早くやり始めて、
その内に飽きちゃうw もう面倒くさいったらありゃしない。
そんな事考えながら某所へ向かいましたが、
行った先でも似たような人ばかりでした。

ギリギリトライブw
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR