手放す



最近妙に気になっている事がありまして、依存症の業界用語なんですが手放すって言葉が
悩ましくて仕方ありません。自分には解決方法が無いから自分の力で止めるのではなくて
他に解決方法を求めるっていう問題に対する向き合い方を指すと思ったら、例えば回復しない仲間に
対して手放すとか、自分のこんがらがった問題を手放すとか、加齢について手放すとか老眼に対して手放すとか、
諸々ありますが、それは手放すなんかなぁともしかしたら投げ出すじゃないかなって思い悩んでいます。

こんなに考えたのは地下鉄が何処から入ったのか不思議で仕方なかった時以来でして、
まぁ未だに良く分からないんですが、こんな長年の悩みを放置するのは手放すか投げ出すかと
言うともう頭の中がぐるぐるしちゃいます。グルグルしている人たちに揉まれて毎日を送っていますので、
もうグルグルしっぱなしです。そういえば魔方陣グルグルなんてぇ漫画があったようななかったような。
同じようにプログラムもグリングリンとしてくれれば良いのでしょうが、まぁそれなりにグリングリンしています。
グリングリンじゃなくてグリーングリーンと連呼するとかなりやばそうな感じです。スキップしてみたりw

無力についても同じような感じで書きましたがそこそこ回復している人たちって面倒くさいですね。
もちろん僕も相当面倒くさい人間なんですけど理屈が理屈のために理屈をこねくり回しているようで、
まだビギナーの頃に出会った先行く仲間からミーティングに行けって良く言われたのを思い出します。

さて手放す。うーん。

家族の接し方として一昔前は依存症がこじれるとその人に自分の問題と
気付いてもらう為に、不本意ながら距離を置いたり少し冷たくあしらったりするのが
はやっていたような気がします。私も一年ぐらい追い出されました、つながって二年目ぐらいに。
Detachmentって言ったかな。確か。でもそんな簡単に依存症から180度回転出来るのなら、
そもそも問題にならないでしょう。どうしようもないからどうしようもない訳でして、
問題を解決できる能力が無い事に気が付くまでに紆余曲折を繰り返すのでしょう。

で下手したら死んじゃう。これって残念ながら問題の側面でして、
依存症真っ最中より良くなろうと奮闘努力している時のほうが辛いのよね。
それで自分でどうにもならない事を認められなければさらに苦しくなる。
日本人の思考回路なのかも知れないけど努力は報われるはずだと。
これはまだ努力が足りないと自分に対して叱咤激励する、そして弱い自分を呪う。
で心が折れてしまう。以下省略。そんな話は依存症である以上付いて回る話さ。

で自分の問題にどうちゃらこうちゃらって色々理屈とか必然とかを求める前に
あなたは病気なんで治して下さいってパートナーとかは言うべきなんでしょうね。
バーンと。バババーンと。それでこの人の問題は私には解決出来ないって事を
認めないといけないんでしょうね。先に進む為には。そしてお互いの回復の為には。
そこから始めないといけないのかも。まぁ今では直面化も進歩しているようですがね。

否認の病とは言いますが。未来を。

PS
非コメさん、コメント有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

自分らがもし植物だとすればACってのは土壌の質のようだわ。

鬱病の原因の原因の原因の原因はアダルトチルドレンだった~人生相談とか日常とか

最近どこを見てもスマホをいじりっ放しの人が多いように思えます。老眼だと駄目だろうと思っても
家の同居人は老眼鏡をかけて某ネズミ王国のゲームをやっています。最近は減りましたが。

もしかしてなんですけど、電車の中でうつむいて、スマホをいじっている人って
面白くてしている人と面白くなくてしている人と両方居るのでしょうね。
表面的に上手く行ってそうでも内面は色々あるのでしょう。スマホの前には携帯依存なんてぇのが
ありまして、さらにはゲームとか何とか色々あるようです。某市の福祉課にメッセージに
行った際に携帯ゲームの依存は取り扱っていないかって問い合わせを受けたって例もあるようです。

さてある2chのまとめサイトで興味深いものを見つけました。うつ病の原因の原因の原因ry

ACって依存症と関わりを持ちはじめると大体付いて回ります。自分もそうだと思いますが、
うつ病なども影響があるようです。もしかしたら依存症になれなかった人も世の中には居て、
依存物質とか依存行為とかを自家処方できなくて、どんもならなくて脳みそさんが多大な
ストレスに耐える為にアイドリング状態を保ってしまうのかも知れませんね。上手くいえないけど。

だからまだ自分らは依存症であるだけ幸せなのかもね。もしかしたらさ。
その点だけを取ればまだ形が見えるだけに周囲の人は迷惑なんでしょうけど。
ちょっと話は変わりますが、うつ病にかかりやすい人の特長がいくつかあるそうで
几帳面で真面目な人がかかりやすいなんてのもありますが、もしかしたら几帳面で
真面目じゃないと世の中で居場所がなくなるなんて価値観の刷り込みが
親から幼少時にあったとしたら相当生き辛かったのでは無いかと想像できます。

あと他には自分さえ我慢すればとかありますが、これはもう顕著にACっぽい訳でして、
生き辛いより息苦しそうです。もっと大変な人が世の中には居るのですねと
他人の事なんで言えますが周りの仲間にそんな感じの人がもしかしたら居るかも知れません。
まだ自分らはミーティングがあるだけマシかも。でもミーティング来ている人の中にも
明るく振舞っていたり役割をやたらと受けたりするとかは生き方の歪みが現れていたりして。

貴方は貴方のままで良いのですよなんて自分が言ったら胡散臭そうで香ばしくて言えませんが、
自分もやたらとサービスをしたり役割をした時は苦しかったからしていたのかも知れません。
そう考えるとやりたがらない仲間の批判何てぇのは簡単にしない方が良いかもしれませんね。

そうやってしり込みする人は背伸びをしないで生きる術を身に付けていたのかもねぇ。もしかしたら。
そもそも他人の批判を自分はしたがる。ビックブックに出てくる演出家のようだわ。それは直したい欠点だわ。
そんなこんなで、もしかしたらとにかく明るい何とかさんが自分は苦手なのかも知れないですね。

何処か自分に共通する点でもあるのかも。少なくともたるんだお腹とかw

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR