最低限度の文化的生活

ある自治体で生活保護受給者がパチンコ店等に出入りしている事に
対して、対策を講じるようです。やらなくても無くても死なない訳ですし、
自分が言うのも変ですが当然の事なんでしょうね。

以前に地区のインフォメーションを担当した関係でたまにですが、
未だに関係機関からお問い合わせを頂く事がありまして、あるCWさんから
生活保護費を頂いて3日間ほどで全部無くなってしまう方の話を
聞いた事があります。間接的ですがGAの会場の案内をさせて頂いて
仲間が来るのを待っていたのですが、結局繋がる事はありませんでした。

他にも似たような話が色々あるようでして、何か良い趣味でもと言われても、
ハマりつつある人、もしくはハマって居る人には全然聞く耳が持てないみたいで、
まれにそのまま行方不明とかあるそうです。さらっと書きましたが重大な事ですね。

人が行方不明になる訳ですから。

ギャンブルって二面性がありまして、他にも依存症になる物も大体二面性があるのですが、
気分転換とか娯楽とかって見方も確かにあるんでしょう。その娯楽って所から見てみると
これは必要な物で大事な物と言われたら強制的に受給停止なんて事は出来ないんでしょう。

違法薬物に比べてギャンブルとお酒の面倒くさい所は何処でも簡単に手に入って
世間的に度を過ぎなければ認められている物なので、何となく依存症じゃないような、
病気じゃないような簡単な否認の仕方が出来ちゃうんですよね。
病気の程度が分かりやすいようにGAには20の質問があるのですが、
依存症の知識無しにはこの人は意思が弱い人だからとか、道徳的にはどうなのって
会話が大体想像出来ちゃうんですよね。多分。手を煩わせられているとは思いますが。

別に生活保護を受給しているからギャンブルするなとか当たり前の事を
わざわざ書くつもりも無いのですが、もし勝ったとしてその収支を報告するのでしょうか?
行政にかかっている間は何か収入があれば申告しないといけないようですが、
そのお金はポッポ入れちゃうのでしょうか?つーとさ。やっぱしギャンブルはまずいでしょうね。

それでもどうしても賭けたくて打ちたいのでしたら、それは依存症の入り口に立ってるのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

その頃の居場所

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年初めての更新です、最近はどうであるかといいますとあんまり変わりません。
年が明けたからと言って良い人になるとかお金持ちになるとかそんな野望染みた事は言わずに
淡々と毎日を過ごしているようなつもりです。平凡な毎日のつもりです。のようなものです。

年が変わりまして今年は平成28年。昔ギャンブルの問題が顕在してきた頃に、生まれ育った街を
夜逃げしてきたのが昭和から平成に変わってすぐですから少なくともギャンブル依存なのは28年間。
その前からやば~い感じになっていましたから彼是30年以上の普通の社会であれば永年褒賞レベルの
ギャンブル依存症なんですねぇ。もう彼是多摩川で産湯を使いって汚いから無理ですが、
どうにかこうにか生きてきて今の年齢が50才ですからなんと6割はギャンブル依存症なんですねぇ。
その内でGAに来てギャンブルをしない生活の見習いを始めてから確かこの夏で9年。
ギャンブル依存症暦の30年に対して3割、人間の形をしてからは2割弱(w まぁこんなもんじゃ
まだまだなんでしょうけど、運良く、人によっては運悪くですけど新しい生き方って言葉がある訳ですから
そこから始まりとして生きて行くのしかないんでしょうね。小学校3年生と考えるとまだまだあれだ。
問題があったり、例えばスカートを捲っちゃったりお友達を叩いたり。お医者さんごっこをしたりしても
良い訳なんでしょうけど残念ながら実年齢は50才。笑ってごまかすにも謝り倒すにも無理。
警察沙汰とか裁判沙汰も避けられないのですからまぁ僕は小学生レベルと言うのはGAの中だけで
留めておきましょう。私では無く、貴方の意思が叶えられますように。これを間違えて私の意志が
叶えられますようにとか、私の意志だけ叶えられますようにとか言い始めると神様私にお金を下さいと言った
非霊的な発言の数々にたどり着くのでしょう。まぁお金は確かに欲しいのですが。働かないで(笑)

さて最近エイトラインの動画をYoutubeで見つけて時々見ています。別に叩きたくてムラムラしている
訳じゃないのですが、チープな音の感じが懐かしくて、仕事中流しっぱなしにしています。
これが意外と残業とか一人で仕事している時に残念なぐらいに合う。もしかして寝る時に枕元で
流してくれたら寝つきが良く熟睡できるような気がします。まぁ同居人に見つかったら刺されるかも知れませんが。

まだ若い頃の話です。ギャンブルの元手が必要だったのか地元に居た頃に深夜、コンビニで
働いていた事がありました。深夜ですから客層が昼間と少し違いまして、今にして思えば
非合法系の方が良く来ていました。単行本を頼まれたりするんですよね。昼間は本屋さんには
いけないからどうにかなんないかなって。後で知るのですがその業界の方は正午が朝かな。
それで仕事が一段落するのが夜の12時頃。自分は10時から2時まで働いているので
仕事帰りによってくれていたんでしょうね。ポーカー屋さんとかもそうでさぁ。水商売関連の人とか
非合法系の人とか一般住民がパチンコするのと同じ感覚でポーカー屋さんに行っていたんでしょうね。

あぁ今日も良く頑張ったって家に帰る前によってさぁ。軽い娯楽ぐらいの感じなんでしょうかね。
実際叩いていた頃は身の回りにはそんな感じの人が多かった。あと山梨来てからだと
パチンコ屋さん関係の人も多かった。そんな人たちには大切な場所だったんでしょうね。
噂話として合法化するかもしれないとか。警察も黙認しているからとか良く流れていましたが、
闇カジノとか闇スロとかと同じように合法化も摘発無しも無く時々新聞やテレビを賑わします。

非合法系の諸々ってあれはあれで良いのかなと。別に有ってもと最近は思っていますね。
ただ自分らには出来ないだけで、そこに行くのが問題なのは自分たちの問題だと。
ギャンブル依存症の自分たちにはいっちゃいけない場所なんだと言うだけで、
それ以上それ以下の物ではないんだろうなと。むしろ自分にはその頃の居場所だったなぁってさ。

テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR