反対をするために反対をしちゃいけないですよ。

カジノを東京の沿岸部で開設しようと言った動きがあるそうです。

まぁ国内のお金の動きが段々と少なくなってきたので、
よそから引っ張ってこようと言った所なんでしょう。

確かにこの先人口は減りそうですし、製造、生産は段々と国外に
拠点を移してゆくようですし、国内で駄目なら他所のお国の人相手に
商売をしようかってのは至極当然のことだと思います。

ギャンブル依存症の私ですが、この国の国民でもありますので、
子供世代が壮年になる頃に貧乏ったらしい世間になっているのは
まっぴら御免であります。消費税も高齢化が進めば10%程度じゃ
到底納まりそうにもありません。まさしくどうなる事やら。

貧乏すぎてもうギャンブル依存なんて高尚な病気は絶えましたなんて事は
無いとは思いますが、まぁいい面もあれば悪い面も有るのではないかと思います。
ある本に頭ごなしになんでも否定するなと書いてありましたがこれもそうでは無いかと。

そもそも俺らのようなおビンビンな人間には縁が無い。カジノとかは。
日本人の出入り禁止も依存の素質が高いらしくてごもっともな事ですが
まぁ別にどっちでも良いのではないかと思います。伝統に従って。

伝統10 GAは外部の問題に意見を持たない。したがってGAの名前は
      決して公の論争では引き合いに出されない。
スポンサーサイト

おっさん、テレビを見て語るw

今やっている朝の連続テレビ小説をいつも楽しみにしています。

朝の時間は大体働いているのでお昼に放映されている時間に
ワンセグで職場の片隅で見ています。ささやかな習慣(笑)
ちょうどその時間になると現場が少し落ち着きますので
フォークの運転席にのけぞりながら見ているんですよ。

唯一の楽しみなんて大袈裟な物じゃありませんが。

さて今日のお話の中で登場人物が戦災孤児を引き取るにあたり、
私も割り当てられた苦労をしなくちゃいけないんだよと言う場面が
ありまして、とても印象的で後で某掲示板を開いて見ると
平日の昼間とは思えないほどのスレッドの消化スピードでした。

何の話だっけ。

割り当てられた苦労って感覚は、それは受け入れると言う事を
理解出来ている人には表現できる訳でして人生の主導が必ずしも
自分でなければならないと思わなくなれて初めて言えるのでしょうねぇ。
自分らのような人種ですと割り当てないでか、もしくは俺は知らないと
逃げるか無責任を決め込むかどちらかなんでしょうね。

割り当てられた苦労。

そう言いましても充分にこの方は苦労していると思うんですがね。

この街の風に吹かれて

自分自身の生き方の問題にぶち当たってどうしようもなくなり、
大げさではなく生きるか死ぬかの選択を何年か前にした事があります。

GAにつながってから丁度2年目ぐらい。別居中のアパートの中で
息を吸うのも吐くのも辛い日々の中からプログラムを手渡され
生きる選択が誤りでなかったのを確信できる心境に少ししてから至りました。
その為に月に数度スポンサー氏に時間を取って頂いて、ある街に
通う生活が年をまたいで2月の終わりぐらいまで続く事となりました。

この街の風に吹かれて

ちょうど二時間弱かかる車中が自分を振り返る為の良い時間となり、
帰り道、渡されたステップと宿題を自分の中で消化する為の貴重な
時間となりました。そして現在どうであるか。

今慌しく働いているのも、GAを離れず、ギャンブルに戻らず、
少しずつですが家庭内の事にも目を向けてゆけるようになったのも、
この街に通っていた期間がもたらしてくれたのではないかと感謝しています。

残念ながらしばらくの間、ここを訪れる事は無いと思いますが、
この街とこの街の仲間に対する感謝を忘れないように思います。

ありがとうございました。

(9/14) 第5回信州アディクションセミナーのお知らせ



アルコールやギャンブル、薬物依存、摂食障害、AC、感情の問題などに苦しんだ経験を持つ、
様々な相互援助(自助)グループのメンバーが一同に会し、それぞれの「解決方法」を信州松本で
分かち合う試みが「信州アディクションセミナー」です。5回目となる今年は、東京は
浅草「雷門メンタルクリニック」院長の伊波真理雄先生をお迎えし、開催する運びとなりました。

依存症や心の問題に悩んでいるご本人、ご家族、関心のある皆様、ぜひお気軽にお越しください。

日時 2014年9月14日(日)10:00~16:00
場所 松本市Mウィング  長野県松本市中央 1-18-1 (地図) ホール・会議室ほか

変化する

明日隣の県でセミナーが開かれます。今回で五回目の開催です。

当初から行くつもりでお金を残していたり、余分に稼げるよう
心がけていました。本業も副業も共に。あと節約も少し。



どうもお家の中の経済状況の関連と言うか、ぶっちゃけお金の回りが
最近芳しくないので、バイトを休んでしゃあしゃあと出かけちゃうのは
それは大人としてどうなのって引っかかる物がありました。

回復のためにとか仲間と共にありたいとかはもちろん常に思っていますし、
第一優先を変えるつもりは無いのですが、色々と頭を抱える家の女の人を
尻目にふ~んとばかりに出かけるのは、常日頃あんたが仲間に話している
内容とはあまりに身勝手すぎておかしいのではないのと自問していました。

ある問題が勃発していまして、いよいよ困るのよって家の女の人に
珍しく会社まで送ってもらった車中で聞かされたのはつい先日。
折衷案としてとりあえず二つ目の仕事の予約を入れるだけ入れて、
仕事が入ったら働く。入らなければセミナーに行く。結果は上の人に委ねようと、
試みて見たのでした。まぁどちらにしても姿勢としては自分の都合を押し通す
子供の頃からの悪い癖からは少しだけ離れる事が出来たかなとちょっと思いました。

結局仕事は入らずにセミナーに行ける事になったのですが、これもハイヤーパワーから
どう行動するのかを考える機会を与えられたように思います。家族や他人の事を思いやりながらね。
この判断が正しいのか正しくないのかは別としてね。何が大事か。何が現在必要か。
回復当初の賑やかな日々とは違い時間が経つにつれて、段々と穏やかになってきたのを
自覚できるほどこの七年間で落ち着いてきたのですが、それでも自分の都合と予定が
変わると落ち着かない。その欠点を克服するのには結果を委ねる事を覚えろと。

どちらにしても悪いようにはしないから結果は最初から心配するなと。
ちょっと前はこんな事は考えた事も無かったんですがねぇ。文字通り猪突猛進で。
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR