さらば



今週の水曜日に愛犬が亡くなりました。二号の方です。
ひ弱な精神構造の自分には充分にダメージが残りまして
その日からは何かを見ても何をしてもため息ばかりです。

彼の様子がおかしいのに気が付いたのは月曜日だったかな。
目が見えなくなってから食事だけが楽しみなのに、
食欲が落ちてきてその日から寝床から出てこなくなりました。

火曜日の朝に犬用のサラミをあげたのが最後の食事になりまして、
水曜日の朝、さよならを告げなくてはならなくなりました。

彼が家に来た経緯としては家内がその当時勤めていたブリーダーの
繁殖場で雄犬として活躍をしていたのですが運悪くヘルニアを
患い、歩けなくなって仲間の犬たちの中に囲まれては居たものの
何か居心地が悪そうで、飼い犬と違い獣医にもかかれず
そんな姿を哀れに思った彼女が貰ってきたのがきっかけでした。

それから脚が回復した後今度は目が悪くなり、
片目を摘出した後、晩年は失明してしまいました。
でも家の中に居る分には生活できるようで、
自分が食事をしているとそばによってきて催促をしたり、
トイレをした後お尻が気持ち悪いと寝ていても頭のそばで
ワンと鳴いてお手入れを懇願したものでした。

飼い犬として生まれ育った者ではない常として
最初自分には全然懐いてくれませんでしたが、
晩年はずいぶんと馴染んでくれたものでした。

さようなら。いつかまた会おう。

あと30年もしない内にそっちに行くと思うけど
その時はまた一つ屋根の下で暮らしてくれよ。

な。
スポンサーサイト

山梨とは

最近山梨以外でミーティングに座っていない事に気が付きました。

最後に座ったのは先々月かな。とにかく山梨を出ていないのは
我ながら何となく変です。多動性があるから変なのかそれとも
変だからこうなのかわかりませんがとにかく変です。
このまま盆地の中に埋もれてついでに冬は雪に埋もれて
アブスティナンスを重ねると思うとちょっと寂しいです。

冒頭に山梨以外と書きましたが正確には甲府市内以外と
言った方が良いかも知れません。それも駅の周辺しか
歩いていません。昔はミーティングに行くのは自転車と
いうこだわりを持っていたなんて一片の欠片も残ってません。

ミーティングは定期券の範囲で乗り降りできる会場に限るとか言いそうです。

ところである疑問がありまして昨日久しぶりにマイスポンサーに電話しました。
当事者には大問題ですが第三者には病気の症状と見える問題なんでしょうが、
山梨ってのはいったい関東なんでしょうかと言う地下鉄は何処から
入ったんでしょうかと言う疑問とたぶん同レベルの相談でした。

GAの地区ですと山梨は関東ブロックに入るのですが、
なにぶん地区委員会はちょっと出ただけで行かなくなる。
それも自分以外は委員会に行った事はない甲府Gですが、
正直言うと言っても別の世界の話をしているような気がして
あまり行く気が無かったと言うのが正直な所でした。

他の地域との連携を深めていった方が情報交換にもなるし、
サービスについても分かち合えると思うし何よりも
マンネリの防止にもなるんじゃないかと思うのですが、
東京は遠すぎて。八王子の先は。神奈川も遠くて。相模原を除けば。
そんな山梨のメンバーが色紙回したりフェローシップを企画したり
するのは関東じゃないような気がします。ちょっと遠い。
でもガラパゴス状態は避けて通りたい。うーんどうしっか。

独自の進化を遂げちゃってもね~

まぁ独自の進化を遂げても別に良いけど暗くて閉鎖的なのは勘弁ね。
閉鎖的の真逆で明るく楽しく元気よくってのもそれ以上に勘弁だけど。

残る物を買うのが苦手です。

先日日々ロックなる漫画を古本屋さんで買ってきました。
ちょうど娘からもらった500円分の商品券がありまして
何に使おうかと思っていたらあっさりと漫画を購入しました。

漫画といえばハチクロなる漫画が中年男性の心の琴線に
触れちゃうなんて少し前に聞きましたが、元ヤンならぬ
元バンドマンの自分にとってはこの手の漫画は非常に効きます。
あっという間に今出ている単行本を買い漁りそうな勢いでしたが、
懐具合をみて2巻までにして置きました。こんなもんで勘弁してやろうw

しかし楽器といえば故障したまま放置しているベースは
いったい何時になれば修理をするのでしょうか。
以前に楽器屋さんで口頭で見積もって頂いたら
大体一万円で出来るから持ってきてと言われてましたが、
それから何年経ったのかな。彼是3年は過ぎているのでは無いかと。

あああ

ほしい物とかは色々有るのですが、中々そこまでは回らないですね。
小さいものだとバイトで使うヘルメットとかプラスチックハンマーとか。
大きいものだと原付とか、ベースギターの修理は丁度中間ぐらいに
位置するのですね。でも必要なのは変わらなくても与えられていないのは
それはまだ時期じゃないのでしょう。でも待つだけではワークマンから
ヘルメットは飛んでこないし、D2からプラハンも来ないでしょう。

私たちに要求されているのは努力するだけってのは分かっているつもりですが、
物に対する縁の無さはもう病的なほどです。買おうと思えば買えるものも
あるのでしょうが、今度お金が入ったらと保留してしまうのは何なんでしょう。
5万円あれば中古で探せば原付も買えるのですが何故か買えない。
3千円あればヘルメットも道具も買えるのに何故か買わない。
もしかしてですがギャンブル依存症特有の金銭感覚で、儲かったら買う。
他に思い当たるとすれば種銭が減るから残る物は買わない。
その何れかが根強く残っていて保留のままになっているのかも知れません。

でももしローンなんかで買っちゃったとすれば。

元気になる姿を想像出来ちゃうのが自分の病人たる所なんでしょう。
神さま。お金をお与えください。大盤振る舞いしてみんなにおごりませんから。

忘れないようにしましょう

早いもので大地震から今日で三年が過ぎました。

計画停電とか真っ暗な町とかは思い出になったように思います。
テレビを見ようとしてもL字型に何かの情報が出ていて、
CMはポポポポンでやたらと節電とか絆とか除染とかの
縁の無かった言葉が飛び交っていたあの頃。

あの日ある東北の仲間に連絡を取りたくて。
何度も何度も電話をするのだけど連絡が取れなくて。
何日かして無事を知らせるメールに少し涙ぐんだあの時。

そして三年が過ぎました。気が付けば金子某氏の詩を耳にすることは無く、
停電もせず水を目にすると買って置こうかと思う事も無くなりました。
街は以前の明るさを取り戻して今では被災地を除けば何も無かった事に
なっているような雰囲気さえあります。もちろん自分自身も先日の大雪まで
天災という事を意識する事さえありませんでした。

喉元過ぎればと良く言いますがね。残念ながら。

ところでこのブログを読まれた方に提案があります。
共同体の提案と違い本来ある意味の提案です。

忘れないようにしましょう。それと無駄な電気は消しましょう。

自分のような依存症者が書き連ねるのも生意気かもしれませんが。
ほんの少しだけ出来る事をしてみましょう。今日一日の中で。

他人を踏み台にするな

今週末は雪にならなくてほっとしています。

ところで言葉にして書くと少しお恥ずかしい話ですが、
副業の職場で少し軽く見ていた同僚がおりました。
罵詈雑言をぶつけたとか暴力をふるったとかの
直接的な事では無いのですが、正直小ばかにした態度で
接していた方がおりました。言い訳ですが自分だけじゃないです。

重いものが苦手だったり、10時になると途中で投げ出して
タバコを吸いに行こうとしたり、仲間内であいつと入ると
損をしたような気がすると時々話題に出る人でした。

自分の立場としたらあくまでもスポットのアルバイト。
彼は常用のスタッフですので経験としたら彼の方が上です。
それでも顔見知りの仲間とそんな話をためらいも無く
平気でしてました。ぶっちゃけあいつは使えないと。

先日のことです。群馬の現場に行く事になりまして、
チームの中に彼の名前がありました。運転を誰がするかと
遠巻きに見ていると彼が立候補して約二時間の移動を
勤め上げました。そういえば以前はそんな事はしなかったと。
いえいえ自分はやった事が無いので出来ませんと逃げていたなと。

何となく変わったなと感じながら一緒に現場に入ると、
一緒に行った学生のアルバイトに什器について簡単に
レクチャーをしていました。それから一日を一緒に過ごすのですが
印象としては彼は変わった。成長したというと生意気ですが、
非常に頼もしくなった。ふと自分を振り返ると相変わらずで、
わからない仕事は人の後ろに隠れたがる。自分が知っている事は
しゃしゃり出る。自分自身の子供染みた言動を現在の彼を
照らし合わせてみると恥ずかしく、穴があったら入りたい思いを
感じました。あと世間話の中でレギュラーでもベテランと行くと
煽られてしまって自分の仕事の出来なさを感じるって言葉に
俺にはこんな高級な言葉は口から出す事は出来ないだろうなと。

こんな謙虚な言葉は俺が使うのはまだ到底先だなと。

この人をけなして自分の居場所を作ろうとする傾向はこの事を
きっかけとして考えてみたんですけど過去から現在にかけて
至る所でしていました。それも至極ナチュラルに。
相手を潰して居場所を作ってそれは仕事絡みだとかなり巧妙に
それをしていたなと。残念な事にそれも無意識に。
安全が反応してそんな事をしていたとすると、何に恐れていたのか。
それは多分自分の収入とかプライドとかを
かなり不自然に守ろうとしていたんでしょうね。

あぁ俺は狂っている。相変わらず気持ち悪いほど狂っている。
それでも自分が狂っている事に気が付くぐらいは
以前よりは成長させて頂いているのでしょうね。
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR