たまには間違える

今朝はギリギリまで寝ていました。

今のところ出勤は八時半なので駅に行くまでの
時間と乗り換えや待ちを含めると7時には
家を出ないと間に合わないのですが布団を
出たのは6時45分のギリギリのギリギリでした。

ちょうど荷物が多くて娘を車で送るように
なったそうでついでに乗せてもらいました。

ちょっと時間が空いたので銀行へ行ってお金を下ろし
通勤に使う定期券を購入してホームへ行きました。

何の疑いも無く電車に乗って座席に座って
動き出した窓から見る光景は逆向き。

来てそうそう大遅刻の有り様ですよ、本当に馬鹿か阿呆かと。
まだ前任者がいるから良いけどこれで自分しかいなかったら
大パニックですよ。正直死に至る展開ですよ。

あぁ

上手くいかない。
スポンサーサイト

パチやめて普通の金銭感覚に戻って語ろうpart7【良い話】 .- youtube


新天地

新しい職場はプレハブぐらいあるコンテナを
車みたいなフォークリフトでドバドバ積み卸しする所です。
夜のアルバイトは思い切って止める事で正解でした
これは慣れるまでには少し時間がかかりそうです

こんな巨人兵のようなフォークに乗るのですから
かなり集中力が要求されそうです。それも絶やさず。
何かの拍子にコンテナを落としたら大変です。確実に
次の日の地方紙には載る大事件になるでしょう。

クワバラクワバラ(笑)

さて小さな職場に移って来た訳ですがゆくゆくは
何でも屋の本領を発揮する事が出来そうです。
今は崩壊してしまいましたが以前従事していた
某宅配便在籍中の感触を感じます。勘違いかも知れませんが。

歌って踊れるじゃなくて配って集めて事務も顧客対応も
関わる事全てに携われるように道筋をひいていただいて
それに応えようと頭が暖かい状態でしたが自分なりに努力はしていました。
間違っていた方が多かったのは確かでしたが。
またその頃を改めて思う事に巡り会えたのには
やり直す機会を与えられたと捉えるべきでしょう。

なぜここにいるのか。

ある共同体のリーディングカードじゃありませんが
自分が会う出来事や人にも確かにある意志が存在するように思います。

ハイヤーパワーに受け入れる落ち着きを求めて行く事の中には
今与えられている事を受け入れてその上で何をしていくかを
問いかけて行くのも含まれているのかも知れません。
自分の自我では見えなかった境地や判断を垣間見るには。

どう在るかを黙想によって与えられる努力が必要なんでしょうね。

このメッセージを

人生が二度あればと言う歌があります。

時々自分のギャンブルにまみれた過去を思い返す度に
どこかの時点でやり直す機会はあったのかも知れないと
ふと考える時があります。調子の悪い時に多いかな。

例えば家内が昔の話しを始めて自分が
何も覚えてはいなかった事に気が付いたり、
楽しかった話しをされても何も印象が
無いのを感じたりする事に自分でも驚きます。

今日ある街に行って来ました。

自分の生まれ育った街からはそんなに離れてはいません。
あるフォーラムが終わってミーティングまでの
空き時間に会場まで歩きながら見つけておいた
銭湯で湯船につかりながら色々な事を考えていました。

もし仮に自分がギャンブル依存でなければ。
もし仮に故郷を出ずに暮らしていたとしたら。
もし仮に放蕩せずに真面目に生きる事が出来たなら。

ありのままであるままにやらなくてはと思いますが
何かどうにかならなかった物かと思います。
もちろんバチバチの依存体質なので他の依存を
一生懸命やっていたと予測出来ます。残念ですが。

ただ一つだけ言える事は自分が若かった頃は
ギャンブル依存なんて病気は全然知られて無かった。
一部には知られていたかも知れませんが
川崎南部の一青年はそれが病気だなんて知らずに
借金をどうにかしようと必死に足掻いてた。
それから軽く十年以上経ってからこの病気の
存在をやっと知る事になるのですが。

いま私が出来る事は実はほとんど何も無いのかも知れません。
それでも何か仲間の為に出来る事を見つけるとすれば。

機会に恵まれた時にその責任を
果たして行く事なんでしょうね。
無理なく自分にも出来る範囲で。

気分は赤いの(`∇´ゞ

この三連休の日月はバイトも休む事にしました。

借金完済記念にどこか遠くに行こうと思っていましたが、
なかなか思い切りがつかず結局神奈川と東京の中で歩く事にしました。

一泊二日の予定で山梨を出てきまして、今晩は立川のカプセルに行こうと思います。

明日の午後に開かれるあるフォーラムへ行ってから帰る予定でして
今日の夜は座る予定があるのですが、明日の朝はどうするのかを
決めかねています。まぁ成り行きに任せましょう、
どこも予約している訳じゃ無いのですから。

立川が川崎になろうとカプセルが漫画喫茶になろう
と大した事じゃありません。やっぱり気が変わって
今晩山梨に帰っても別に問題はありません。要はミーティングへ
行けばこの連休の本来の目標は達成されるのですから。

何が大事なのか。

今日座った会場は自分より遥かに長いアブスティナンスを
保っている仲間が何人も居る所でした。
実際に話されている事は穏やかですが
芯の通った話しを染み通るように話されていました。

日頃一緒の仲間が自分より短いからと言って調子に乗ってはいけません、
世の中にはまだまだ会った事の無い仲間もいるし、
聞いた事の無い解釈もあるはずです。

間違っても老成したふりとかしちゃ行けません。
まだまだ歩くべきだしもっと学ぶべきですね。

だからと言って赤いのからやり直しますなんて
極端で物騒な事は間違っても申しませんが ( ̄∀ ̄)



転勤するって本当ですか。

もう日付は変わってしまったので昨日の朝の事でした。

会社に出勤するとすぐに所長が自分の所へ
来て話があるので会議室に来てくれないかと。

思い当たることと言えば先日から上司の仕事を
手伝っておりまして、正式に報告すると
時間外の関係で反対される可能性があったので、
係長から所長に自分に頼んでいる旨を機嫌の
良さそうな時に伝えてもらうようお願いをしていた
仕事がありました。以前は自分が担当していたので
業務自体は何の事はないのですが、他の仕事を抱えて
今の担当が四苦八苦していた様子で何か月分かが未だに
山積みになっていました。それも嬉しい事に完璧に手付かずに。

こつこつと、そしてヒソヒソとやっていたのですが、
隠れてやっているような所は確かにありました。
別に居たら居た分だけ残業の申告をする積もりは無いのですが、
パソコンのログインの記録で何だか怪しいと目を付けられたのかと
実際に話が始まるまでは思っていました。

お互いに席について話が始まると担務の逸脱についての
叱責の方が百倍嬉しい様なお話が。深刻な話じゃなくて
いつものお小言だと思ってヘルメットをかぶったまま
聞いていたのですが途中で気が遠くなりそうでした。

転勤?なんで?

詳しく書くと転勤?どうして俺?やっと慣れてきたのになんで?

そんな感じでもう組合も行き先も全てお膳立てされた状態で
転勤の内示を頂いたのですよ。なんで今日なのと所長に聞くと
昨日は雪が降っていたので事故を起こされちゃ困ると言ってました。
しかしこれから現場に出るのよ、おいら。長さが9メーター弱はある
トラック乗って200k位は走るのよ。ガーンと言うかジャーンと言うか
頭の中は意味無く効果音が鳴り響きそうな状態で何をすればいいのさぁと。
まぁ事情について教えてもらいまして、何故白羽の矢が立ったのについても
総務側の見解も含めて説明して頂きまして、頭の中では理解できました。
宮仕えの悲しさで拒否は出来ないのは解っていますが、さぁこれからと
思った矢先に色々起きるのも必然的な事なんでしょう。

自分から見れば起こった。別の視点から見れば待っていてくれた。

さて事務と現場で合わせて二人の定年退職者が出た現場に
一人だけの補充要員として3月から行くのですが、
内容的に専門的かつ広範囲なようで来週の金曜から引継ぎです。
噂によれば朝が6時頃からの事業所なのでもしかすると掃除の
バイトは辞めなくてはなりません。もう少しすれば結論は出るのでしょう。
抗えないものならば上手に巻き込まれるしか仕方ありません。
とにもかくにも自分の我を出してうまく言ったためしが無いのですから。

ところで大きなメリットが一つ。

終業が早くなりそうなのでミーティングには行き易くなります。
職場は駅のそばと言うよりむしろ駅の構内なのでどこにでも。
あぁハイヤーパワーが何かしちゃっている予感が.....orz

思うようにはいかない

今週は前半が非常に暇で後半は
思い出したように忙しかったです。

月末の間際は通例ですが予測不可能な
出方をするお客さんもあってライト級の
てんやわんやです。閑散期でもね。

その前が一週間ぐらいは本当に暇暇な毎日でしたので
気持ちの切り替えが上手く出来ません。
こういう時にギャンブルをスイッチのように
良く使っていた事を思い出します。

他の依存の仲間にシャブも打たず
酒も飲まずに全くの素面でポーカーをするのを
きちがい扱いされた事がありました。

まぁ自分でも残念な事ですが脳みその中で
依存物質を自己生産してましたので物質依存の
方からみればさぞかし気持ち悪い事でしょう。

さて自分が立てた予定や計画通りに物事が
運んでくれないと憤りを感じる事があります。
頻度としては大分少なくはなりましたが
未だに感情の乱れを伴うほどの
具合の悪さを感じる時もあります。

例えば自分には変な習慣があって
ちょうどの時間から何かを始めようと
する悪い癖のような所があります。

例えばいつも9時に出勤の為に家を出るのですが、
何かの理由でそれがずれると不機嫌になる (;`皿´)

荒くれる理由なんかあるわけは無いのに
ムッとした顔で行って来ますとも
何も家人に言わないで家を出てくる。

時間だからと言って慌てて出なくても良い日もあるのに
自分の習慣が他人に崩されるととりあえず嫌な顔をする。

それでいて自分が夜更かしをして寝坊をすると
平然な顔で9時半頃に家を出たりする、
会社に入ってすぐ仕事出来るように
私服の下に制服を着たりしてね。

どこまで世間を自分に合わせたいのか?
根本的にと言うか何と言うか
この自己中心さは我ながらたまりません。
滑稽なほどの自己中心的です(笑)

そんな歪んでいる自分がギャンブルのような
逃げ場所を持たずに世間の中で生きて行くには。

嫌でも面倒でもプログラムの中で
生きて行かないとならないのでしょうね。

Recovery Program   Gamblers Anonymous

Recovery Program
Here are the steps which are a program of recovery:

1. We admitted we were powerless over gambling - that our lives had become unmanageable.
2. Came to believe that a Power greater than ourselves could restore us to a normal way of thinking and living.
3. Made a decision to turn our will and our lives over to the care of this Power of our own understanding.
4. Made a searching and fearless moral and financial inventory of ourselves.
5. Admitted to ourselves and to another human being the exact nature of our wrongs.
6. Were entirely ready to have these defects of character removed.
7. Humbly asked God (of our understanding) to remove our shortcomings.
8. Made a list of all persons we had harmed and became willing to make amends to them all.
9. Make direct amends to such people wherever possible, except when to do so would injure them or others.
10. Continued to take personal inventory and when we were wrong, promptly admitted it.
11. Sought through prayer and meditation to improve our conscious contact with God as we understood Him, praying only for knowledge of His will for us and the power to carry that out.
12. Having made an effort to practice these principles in all our affairs, we tried to carry this message to other compulsive gamblers.

The 12 Step Program is fundamentally based on ancient spiritual principles and rooted in sound medical therapy. The best recommendation for the program is the fact that "it works."

Gamblers Anonymous would like to indicate that we are not soliciting members. Our intention is to highlight that gambling for certain individuals is an illness called "compulsive gambling." Gamblers Anonymous provides the message that there is an alternative to the destruction of compulsive gambling and this alternative is the Gamblers Anonymous program.

Our ranks are filled with members who have recovered from the illness by stopping gambling and attaining a normal way of life. These members remain ready to help any individual who passes through the Gamblers Anonymous door.
.

http://www.gamblersanonymous.org/ga/content/recovery-program
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR