20年ぶりに工場で夜勤をして見ました。

先日会社から帰ろうとすると原付の後輪がパンクしていました。
自宅の近所のバイク屋さんで次にパンクした時は
チューブを交換しなくちゃいけないと伝えられていたので、
かなり青ざめました。タイヤの残溝も無いのですぐ直すのは
諦めざるを得ませんでした。今ねぇ、お金回りが悪いんですよ。

21日頃そんな事があって、25日に家賃を振り込まなくては
ならないのに口座に残金が全く無くて家内に無理を言って
口座から振り込まれたばかりの給料の中からお金を渡してもらいました。

ついでに雨まで降り続いてもう何日かは暗澹とした毎日を
暮らす事になりました。カッパってのは嫌ですねぇ。
ただでさえ短い足がさらに短くなった感じでもつれて。

よく考えて見るとこのままでは永久にバイクは直せない。
節約をする所は節約するにしても公共料金関係の効果が
出て来るのは来月以降。すぐに収入を得られる手段が必要になりました。

こんな状況でも私のプログラムは動作していたみたいで、
ギャンブルをして一攫千金って発想は幸いにも出て来ませんでした。

正しい選択かどうかは別としてその時思いついたのは
日雇い系のアルバイト。たまたま17日の日に久しぶりに
アルバイトをしていたのも伏線だったのかも知れません。
募集のメールを見て飛びついたのは夜勤のパン工場。
懐かしの夜勤を26日の夜に勤める事にしたんですね。

次の日はミーティングを開けなくちゃいけなかったんですが、
電車の中で少しは仮眠できるだろうと思いきって、
働く事にしたんですね。電車で2時間以上かかるのに
日当から交通費を引いても結構残るので効率だの何だの考えずに、
管理の人にお願いしてそこの現場を振って頂きました。

12時間の拘束時間を終えて武蔵野線の某駅までの帰り道のかったるい事。
でもなんとなくこの疲労感を懐かしく思っていたんですね。
うん、高●工業時代を思い出すなぁってね。

あの頃は相当面倒くさかった。出来れば逃げ出したかったライン作業。
今も面倒くさいけど何とかこなす事が出来るこの単純作業。
何も考えずに作業するなんて絶対に無理だと思っていたんですけど、
結構今は出来るもんだね。だけど我慢強くなったんじゃないね。
今目の前に有る事を受け入れるのを覚えたんでしょうね。

なんか損していた気がするニャ。
スポンサーサイト

自分の性格の問題

GAにつながった頃は自分は良い人になりたいと思っていました。
何が起きても怒りを露にする事無くいつもニコニコ笑っているような、
まるで雨ニモマケズみたいな人になりたいと思っていました。

過去の問題は自分の性格が原因と薄々気が付いていたので、
別の人に生まれ変わろうとしていたのですが、
そんな事は自分では出来ない事がわからなったので、
暗く重たく毎日を過ごしていました。

これもステップ1で示された無力と同じ性質の問題と
気付かせて頂いた時は肩の荷が下りたような気がしました。
中身は変わらないけど変わったように振舞う。
これってやっぱり無理があるんですよね。
今ギャンブルが止まってから2年と8ヶ月の時間を
頂いているのですがこれに気が付くまで辛かったです。
クリーンの質も最初の2年位はあまり良くなくて、
言動が一致していない事も多々有りました。

きっと聖人になろうとしていたんでしょうね。
絶対に無理ですけどトンでもない良い人になって
周りの良い評価を得たかったんでしょうね。
欠点も良い所も全て必要だから与えられている事を
素直に受け入れてから自分の大きさが段々解ってきました。

私は私以外のものにはなれない。でも成長する事は出来る。
完成はきっと無理でも成長し続ける事は出来るんですね。
下り坂のゆっくりとしたエスカレーターを登り続ける。
何もしなければ落ちてゆくし急ぎすぎるとつまずく。

まぁこれで良いかな、過去と違って誤る事を今は覚えられたんだし。

確かに生きてきた 2

夕暮れの石和駅


去年の冬に過去の生き方を全否定するのを止めましたって
事を書いたと思います。今はさらに自分自身を否定するのも
止めてしまいました。かと言って成長したくないとか、
変わりたくないとかって言っているわけじゃ無いのですが、
不思議なほど自分自身が嫌いじゃ無くなりました。

自分を愛するように他人を愛せってキリスト教の言葉に
あったと思いますがそもそも自分を愛する事が無かったので、
他人を愛するって事がわからなかったと思います。
自分が愛と言う言葉を口にする時は打算があったり
誘導があったり強要もあったりしたと思います。

そもそも愛って良く判らなかったしね。

自分を容認出来ないのであれば自ずと他人を認められないもので、
自分が思うように物事が進んでいないと気に食わなかった
自分の性格上の欠点が見え隠れしています。
それで他人を傷つけ続けたと言うと自己弁護のようですが、
別に病気利得が欲しくてこんな事を言っているわけじゃありません。
過去に対しては逃げません。将来を都合の良いように楽観視する気も
ありません。ただ淡々と自分の責任を果たす事が出来ればと思うだけです。

過去どうであったか、それは他人の存在を考えていなかった。
何が起きたか、それはどうやって生きてゆくのか判らなくなった。
現在はどうであるか、今は他人と協調して生きてゆく事を覚えつつある。
なぜそう出来るようになったのか、それはプログラムを手にしたから。

実際に効果がある。これだけは声を大にして言いたい。
このプログラムは効果があります。ゴミ箱から拾い上げられたと
いった表現がある本にありますが、過去の価値観やこびりついた
固定観念を全て覆す威力がこのプログラムにあります。
最近から仲間に手渡しをする機会に恵まれるようになったのですが、
全て自分が渡された物を手渡せるように努力したいと思います。

確かに生きてきた。すでに否定する事は無い、確かに生きてきた。
極端に矮小になる必要は無く傲慢になって自分をごまかす必要は無い。
この新しい生き方を誰かに伝え続けたい。その為の道具になりたい。
自分では出来ない事を全て自分の理解する神様はお膳立てして、
私をかばって時には突き落として気付かしてくれて、
結局は何とかしてくれた。自分の出来ない事全てを。

今まで確かに紆余曲折はありましたが、現在は自分の立っている位置が
確かに過去と変わっている事を実感しています。
現代人としては小柄な私ですが背が伸びたような気がします。
世の中は近くなって見通しが良くなってこれを維持できるのでしたら、
もっと成長し続けたいです。もう狂っていた頃の自分には戻りたくないです。

あなたの理解する神

そこのお嬢さん、私ホルモン教の宣教師です。
エリエール宣教会から日本きました。
貴女は神を信じますか?と宣教師さんに突然後ろから
道端で声をかけられたとして拒絶しない人は珍しいでしょうね。

ちょっとホルモン教とかは冗談が過ぎますけど。すみませんね。

以前に聞いた事なんですが依存症の人は
神様という単語がはっきりと嫌いだそうです。
神様だの霊性だの正直だの仲間だの
依存症の仲間との交流の中で日々送っているような
私ですが自助グループの中にはつながる前は
「絶対に嫌い」な言葉が沢山転がっています。

神様と言えば助けてパパァヤ~~♪
霊性と言ったらうしろの百太郎。
正直と言えば偽善。仲間と言えば裏切り。
そんな連想しかありませんでしたね。

世の中舐めているか自己憐憫に陥っているか、
両極端の私には言葉の持つ意味も斜交いにとらえる事しか
出来ませんでした。そして理解しようともしませんでした。
初めてGAにつながった頃はもうヘロンヘロンだったので、
抵抗する事も無く神様と言う単語を受け入れたのですが、
信じるようになるには2年ぐらいは必要でしたね。

各界の知恵から12ステップをまとめ上げたお方は、
自分の経験から巧みに依存症者が嫌がる言葉を
受け入れやすくアレンジして後世に残してくれたんですね。
神様をハイヤーパワーと読み替えるのはその一例ですが
確かにこの言葉が無ければ神様と聞くと反射的に嫌がる
私達の事ですから、受け入れて信じるようになるのは
かなり低い確率だったと思います。

神様と言うけど最初の神様は何でも良いからその信じる意識を
育ててゆけば良いのだよと先行く仲間から教えて頂いた事が有ります。
ステップの中ではあなたが理解する神と言う表現に
なっていますが、よくありがちな過ちに自分が理解できない神様を
信じようとして挫折する事が多々あるように思えます。

理解出来ない神様ってのがポイントでして、
十字架に磔になった神様とかフニャフニャした服を着た神様とか
世間一般に連想される神様を無理やり信じようとするんですね。
後は座禅を組んだ仏様とかさぁ。他にも色々あると思うけど。
ついさっきまで不真面目な生き方をしてたのに、
それを信じなくてはと思うと苦痛以外の何物でもないでしょう。

だけど自分以外を信じ始めないと解決の方法は無いんだよね。
今まで自分以外は信用していないしあくまでも自分だったし。
もっと言ってしまえば自分が神様の真似事をしていたので、
他に信じるものがあるのは非常に都合が悪い訳なんですね。

でも信じなくてはならない。正確には信じないと底付き前後の
無茶苦茶な状況にまた戻される。多分もっと酷い状況になるのが
目に見えている。だから嫌でも信じないといけないんだけど
どうにもこうにも飲み込み辛い。

そんな理由でお薬に例えればシロップに混ぜて、
念の為オブラートに包んで、嫌でも何でも飲まないと
効かないから飲み込みやすく工夫したんでしょうね。
飲み込んじゃえば後はお薬が効くのを待っていれば良いんだし。
時間と共に熱も下がるし体も楽になって行くんだしね。

後は体力が回復するのを睡眠を良く摂って待っていれば良いんだしね。
それでお薬の効能が信用できるようになればきっと苦いお薬でも
小細工をしないで自分から飲む事が出来るんでしょうな、絶対に。
そして効能を信じてから具合が悪い時はそのお薬を飲む事に
するんでしょうね。その頃には苦さも感じないと思うよ。

だって効くんだもんね。ハイヤーパワー♪

雪が降って家帰れねぇし

山梨では昨日の夕方からたんまりと雪が降っています。
荷物を積んだトラックが定刻をはるかに過ぎても、
ターミナルに到着せず、これじゃこれからどうすんべぇと
降雪時のいつものお約束の騒ぎに首を突っ込んで、
すっかりと帰宅が遅くなりました。

粘りと頑張りで途中まで来たのですが、
雪に負けて原付に乗れなくなったので
諦めて去年一週間ほど寝泊りしていた漫画喫茶で
夜を明かすこととしました。

これを書いているのは畳が敷いている部屋なんですが、
この空間で恨みと恐れを持って眠っていた日々が
現在では懐かしく思えます。ちょうど空調の噴出し口の真下なので、
夏は涼しく、冬は無茶苦茶暖かいこの空間に対して、
雨露をしのげる事に感謝も無く、安らぐ事を覚えることも無く、
ただ不安定な自分の気持ちを持て余したまま、
膝を抱えて呆然としていた事を思い出します。

さっきまで読んでいたコミック誌に赤ちゃんの描写が有り、
自分の娘達の幼い頃を少し思い出してしまいました。
まだ若かった家内、そして無邪気だった娘たち。
そして嘘で固めていた頃の自分。

GAにつながる直前、家を出た時の長女の私を呼ぶ声は、
きっと一生忘れる事は無いのでしょう。
父親とはなんなのか?家族とはいったいなんなのか?
どういうものが普通の父親で普通の家族なのか?
自分には全然わかりません。

離れて暮らすのは何の為なのか。それは自分の為なのか。
全ての答えは自分には知る由も有りません。
ただ目の前の事に対して淡々とコツコツと向かって行くしかないです。
自分は彼女たちに対して何が出来るのか。
良くわかりませんが以前の嘘つきの私よりは
誠実に接する事だけは約束出来るかも知れません。

外にはまだ雪が降っています。あと4時間もすれば
きっと朝は来ます。ただゆっくりと雪は積もってゆきます。

そして気が付けば山梨にも春は来ているのでしょう。

自分で思っていたより人当たりは酷かったらしい

周囲の人に対する態度が酷いと思っていたのですが、
自分で思っていたよりもかなり酷かったらしいです。
はっきり言って年長者に対する態度では無かったと、
昨日埋め合わせた方から改めて指摘されました。

いや良いよ、俺はもう気にしていないからと言われたのですが
相当酷かったそうです。お前は特に酷かったと言われました。
丁度機会に恵まれてその方に埋め合わせをする事が出来たのですが、
私の周囲への態度は相当酷い物だったらしいです。

想像していた以上に酷かった。それでも何故か今の私は
受け入れられた。何故か励まされた。この性格は中々
変わる物では無いのかも知れませんが、変わってゆく事を
祈り続けたいです。自分の範疇には責任を持ちたいです。

そこでステップ6・7ですよ♪

Joy to the world



Jeremiah was a bullfrog
Was a good friend of mine
I never understood a single word he said
But I helped him a-drink his wine
And he always had some mighty fine wine
Singin'...

Joy to the world
All the boys and girls now
Joy to the fishes in the deep blue sea
Joy to you and me

If I were the king of the world
Tell you what I'd do
I'd throw away the cars and the bars and the war
Make sweet love to you
Sing it now...

Joy to the world
All the boys and girls
Joy to the fishes in the deep blue sea
Joy to you and me

You know I love the ladies
Love to have my fun
I'm a high night flyer and a rainbow rider
A straight shootin' son-of-a-gun
I said a straight shootin' son-of-a-gun

Joy to the world
All the boys and girls
Joy to the fishes in the deep blue sea
Joy to you and me

普通は雨が降ればカッパを着るでしょう

昨日会社を出るとたんまりと雨が降っていました。
全然気が付かなかった訳じゃ無いのですが思ったよりは強かったです。

これ位なら大した事無いなぁとカッパを着ないで、
退社後あるミーティングに向かうのですが、
会場の教会に着いた頃にはビショビショになっていました。
なんだかなぁと思いつつヘルメットをかごに入れて、
MA1もどきをかぶせて会場に入りました。

煙草休憩の時には私のMA1もどきは
テラテラと雨に濡れて輝いていました。
考えて見れば当たり前の話なんですけどね。

最近すっかり暖かくなってきた為か衝動的な行動が増えています。
考えずに行動しはじめるのは、ぶれて来ているのかも知れません。
ぶれて来ていないとすれば、私も自然の一部だからですね。ゲコゲコ♪

仲間と仕事中に雨が降るのは良いが、
仕事が終わってから雨が降るのは気に食わない無いねって
話をしていたのですが、雨が降るのは私のせいではないです。
私に悪意があって降る訳でも無いです。自然の流れです。
花粉症がある私にとっては恵みの雨です。
その後は自分の行動の選択の範囲でカッパを着ようと、
傘をさそうと自分の選択です。立ち止まって考えれば良いのですが、
昨日に限ってそんな事は無いです。バビョーンとそのまま行っちゃいました。

ミーティングって特効薬を使わないと、おかしな事にも気が付かない。
「ギリギリの俺、格好いい」の古い考えに戻りそうな時も、
具合が悪い時には特効薬を使う身に付いた行動パターンが、
自分のアブスティナンスを支えてくれます。
効果はあまり続かないけどすぐに良く効く特効薬。
挙動不審な時はミーティング、やっぱりこれですね♪

ゲコゲコ~♪

甲府盆地のGAのお話

強迫的ギャンブラーのヒロです。飼い犬に手をかまれるは
ことわざですが、昨日は自宅で飼い犬を噛んできました。
可愛さ余って耳を噛む。いつ帰ってもご機嫌で出迎えてくれるので、
帰宅早々うちのわんこ(♀)を噛んでしまいました。
あまりのじゃれっぷりに娘達はドン引きしていましたが。

ところで自宅のそばにはAAの会場があります。
2回ほどお伺いした事があるのですが、
徒歩で行けるぐらい近いので、ミーティングの
コースには入らない会場になっています。

アパートじゃなくて自宅のほうね。

先日何人かの仲間が同じ街に住んでいる事が
分かって、その町の公民館の話をして見ると
さすがに嫌がられました。それで自宅のそばの
会場の事を思い出したんですがね。

東京や神奈川だと信じられない事ですが、
繁華街をブラブラしていると知り合いに
出会う確率がやたらと多いです。
ちなみに娘がご幼少の頃、遊びに行った公園で
幼稚園の同級生に出会いまくった事も有ります。

もともと人目を気にする方じゃ無いんですが、
この盆地特有の事情が時々重く感じます。
故郷の川崎だと気にしなくてもすんだのですが、
何しろ世間の大きさが狭い。おいらの心並にせまいw
もしかしての話ですが、今甲府で会場を開いているのですが、
ちょっと外れた方が来やすくなる仲間も居るかも知れないですね。

立ち上げから段々と仲間の手をお借りする事が出来て、
水曜日の定期のミーティングは完全に手を離れつつあります。
週末の隔週のミーティングだけが自分の責任になりつつあります。

もし週末のミーティングを仲間に渡す事が出来たら、
新しい会場を真面目に考えてみようかと思います。

身延線沿いがいいかなぁ、中央線沿いがいいかなぁ。
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR