まだはまっていた頃に夢見る事って
今思えば非現実的な事ばかりで
苦笑いをするしか無いです。

音楽をすればヒットメーカー。
セールスマンをすれば大金持ち。
他にも色々ありますが以下省略です。

マジで赤面の限りです。

今はどんな夢と言うと借金を完済したいですねぇ。
この窮屈さはたまりませんね。
慣れたような気がしても月末になると古い考えが頭をよぎります。
一発逆転宝くじなんて夢想したりします。

でも私の回復にはこの多大な借金が
プラスに作用しているのは事実でして
窮屈さと今までしてきた事の現実味が
借金の残額として数字に表れています。

でも早く終わらないかなぁ...........orz


スポンサーサイト

社会復帰....

ある施設の仲間が中心で行っているミーティングで
社会復帰について分かち合ってきました。

正直申し上げて社会復帰の後が大事じゃないかなぁと思うんですが
それが回復の目的になっているような感があります。

社会復帰する為に回復の道を選んだのか?

ステップを踏む事の目的はちょっと違うと思うのですが。

自分が居たグループの話ですが、丁度同じ頃繋がった仲間が居ました。
三人とも同じ施設、三人ともある会場で一緒になりました。
一人はいまだにコツコツとミーティング通いしながら働いています。
他の二人はと言うと時期は違えど今はスリップして行方知れずです。

物事を難しく考えて自爆した仲間と自分の殻をまた作り上げて
スポンサーに一人でやるからもう良いですって言い放った仲間。

依存症者はより良く生きるためにステップを踏みますが、
一面は自分で理解する神様がいつでもそばに居てくれる事を
感じられるようにするのが12ステップの本質だそうです。

形から入っても良いですから、信じきるのは後でもいいですから。

人間の力で直らないから神様に委ねる事を頭だけでは無く
心の中で理解していないと適応するのが苦手な
依存症者には今の刺激的な社会は辛いばかりです。

何か困ったときに先行く仲間に相談しても
決まってミーティング行けと言われて
なんて不親切な人なんだろうと誤解した事がありましたが、
ミーティング行かないと生きてゆけないよね。
回復の道を歩むにつれて素直にその言葉の裏の親切さが感じられます。

居心地悪いからなぁ、結構ね、周りを見れば意思と根性があれば
依存症が直るって考えている人多いからなぁ。

それでミーティング無しでハイヤーパワー無しで
生きて行くなんて大変だよね。
だからステップは必要だしお祈りも必要だし
BBも必要だったんだろうな。
今からも一生付き合っていかないといけない道具、そして病。
そして今日一日の積み重ね。

私は施設に入ってたとしたらどう思うんだろうな。
社会に出るってのはどういう風に思うんだろうな。

その前に出たとたん反動でスリップするような気がするな。

らせん階段



最近昔の歌をyoutube等の共有サイトで探すのが
趣味になっています。かなり昔の歌も簡単に探せるので
見始めると切りが無いぐらい見続けています。

甲斐さん、カッコいいですね。
うん、中高生の頃が懐かしい♪

群馬にグループができたそうな

今日GAのホームページを見ていたら
なんと群馬県にもグループが発足したそうです。
これで関東エリアは8都県の中で7県に
グループが存在している事になります。

いまだに無いのは山梨だけ。
私の地元の山梨だけ。

なんとなくプレッシャーを感じるのも事実ですが、
これで思い付きみたいにグループを作るのも
尻つぼみになるような気がします。

まぁ借金返済後はグループを作っても良いと
家族は言っていますのでそれまで待とうかと。

強行突破して会場借りて始めるのは簡単ですが、
それはいったい正直な生き方か自問自答すると
疑問符が出てきます。

自分の回復のためか人の世話を焼いて見たいのか。
何を目的にと言うと自分の回復のためなんでしょうけど
嘘ついて会場開けて何になるかと言えば
また不正直な生き方に戻り始めるような気がします。

今は自分の回復が第一♪
まだその時期が来ていないという事にしましょう。

右往左往

忙しいのがある地点を越えると
私はかなり感じ悪い人になります。

いつも注意しているつもりなのですが
なかなかうまく行きません。

忙しいからという免罪符で物を蹴ったり
言葉が荒くなったり怒りっぽくなったり。

これじゃスリップするなぁと思うんですが
やたらと感情をむき出しにしたり
絡んでみたりもうどうしようもありません。

なかなかうまく行きません。
自分ばかりが忙しいって妄想も出てきます。

健常者みたいに感情むき出しにしても
なにも後に響かなければ良いのですが
あんまり続くとなんとなく自分が
歪んで来たように思えます。

難しいなぁ、本当に難しいなぁ.........orz




回復の道

今日行ってきたミーティングのテーマは
「回復の道」う~ん、ちょっと重かった。
その事について分かち合って来たのですが、
みんなそれぞれちがうんでしょうね。

出来れば後からつながる人の為に回復のモデルとして
力強く回復して行きたいのですが自分が回復しているのか
どうか良くわかりません。

多分回復の道って奴は山の上のお寺に続く
長い長い石段のようなものでして、
緩やかになったり急勾配になったりして
それはそれはドラマチックな道なのかもしれません。

スタートはうっそうと茂る竹林から始まります。
竹はもちろん孟宗竹w日の光もあまり当たらない所から
長い長い道のりに気が遠くなるような心境で
始まるのではないのでしょうか。

焦ると滑り落ちたりつまづいたり。
そしてゆっくり歩いてゆく事を覚えながら
こつこつと石段を上がって行くのでしょう。

雨も降りますし雪も降ります。
夏には炎天下に晒されてそれでも
こつこつと石段を上がって行きます。

変化の無さに焦って早く上ろうとすると
急に勾配がきつくなって石段も狭くなります。
ゆっくり過ぎると段々面倒くさくなって
しゃがみこんだまま日がな一日、雲を見てすごす日もあります。

でも上らなくてはいけません。生きてゆくためには。
隣の石段を登っていた仲間が滑り落ちて行きます。
上から先行く仲間が滑り落ちて自分より下へ行っちゃったりします。
そしてこの石段を登ることの難しさを気づかされます。

そして自分がこの石段を登ることを
難しくしている事に気が付いて愕然としたりします。
でも上らなくてはなりません。
遥か遠くに見えるものを目指して上らなくてはなりません。

ちょっと気が遠くなってきたかなw
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR