逃げる事は気楽な事

いままで棚上げしていた事が
一つ一つ襲い掛かってきます。

まさしく自業自得なのですが
改めて自分のして来た事の
罪の重さに気が付きます。

逃げていたのかな?
責任を取る事、約束を守る事。

「普通のお父さんだったら良かった。」

娘から言われました。

「普通にする事が一番難しい」

妻から言われました。

世間で言われる「普通」これが一番大事で難しく
責任をもって行わなくてはならない事のようです。

正直に申し上げます。
私は「普通」である事から今まで逃げておりました。
これから「普通」で「平凡」で「誠実」な人間を目指します。
スポンサーサイト

タバコやめました

ありとあらゆる依存から抜け出そうと思います。

ギャンブルは今収まっていますが
再発の防止策を考えなければなりません。

他にはタバコ、具体的に言うとニコチンへの依存でしょう。

おとといは仕事が休みだったので思い切って
禁煙外来がある医院をかかりつけの先生から
紹介してもらって行ってきました。

受付をすましアンケート用紙に
事細かく今までの喫煙暦、ニコチンへの
依存度を知る為の質問等を記入して
診察室へ入りました。

ここに来た動機を話し、禁煙への決意を
確認してもらい自分の息の中の一酸化炭素の
濃度を測ってもらうと自分は典型的な
ヘビースモーカーで固い意志を持たないと
禁煙には結びつかない事、
毎日小さな目標を持ちそれを持続させてゆく事

そんな事を先生から説明されて
ニコチンパッチを処方されました。

一通り説明が終わり、少し雑談をしていると
先生の机に心療内科関連の本があることに
気づきました。

素直に自分はニコチン以外にも
依存している物がある事。
それが為に全部うまく行かなくなっている事。
禁煙も自分を変えたくて行う事。

自分でも驚くほど正直に心の内面の話をしてしまいました。
自分の性格は人付き合いは下手で初対面の人に
何かを打ち解けて話すなんて事は
今まで絶対と言って良いほど無かったのですが
止まらないほど自分の話をしてしまいました。

依存の構造を説明され、
どうすれば依存から離れる事が出来るのか説明され
本当に有意義な一時間を診察室で過ごす事が出来ました。

待合室に出てみるとお年寄りの方がいっぱい自分の番を待っていました......

ps
ニコチンパッチいいですよ。
今まで禁煙は無理だと思っていましたが
現在三日目ですが順調です。
タバコを止められたらもっと別の世界があると
思い続けて頑張ってゆきます♪

生きる

ギャンブルに浸りきっていたときは
やめればきっと良い事ばかりだろうと
思っていました。

やめられた今は今までの総決算のように
現実が襲い掛かっています。
一つに家族の問題、一つはお金の問題
前向きに行かなくてはと思う気持ちが
時々くじけそうになります。

借金に埋もれていたときは
このままばれなければ平穏に過ごせると
思っていました。
カミングアウトした後は毎日が針のむしろです。

今までの日々のある事無い事、
自分の本意ではない事まで言われる始末です。

不思議と後悔のような感情は今ありません
これから今まで無駄に過ごしてきた時間を
どうやって取り戻そうかと考えています。

これから作る過去が今までより
真っ当で、誠実で、信頼できる物であれば
今までの無駄な時間が生きてくると考えています。

私には夢があります。そんな大した物じゃありません。
生意気な話ですが借金返済はその通過点でしかありません。

強烈な思いは現実の悲惨さを麻痺させます。
その意思を糧として良い方向に進んでいきます。

ですが家族の信頼を取り戻す事や
金銭的な問題はかなり時間が掛かりそうです。

20年間ギャンブルに逃げてきました。
これは依存症と言う病気と解っても
それを理解してくれるのは自分しかありません。

今日一日を積み重ねていく事。
これしか今の自分には出来ません。

「今日も一日ギャンブルをしない」

明日が皆様にとって良い一日であります様に

司法書士事務所にて

ギャンブルで作った借金は自己破産を申請しても
免責まではなかなかならないそうです

その人の捉え方にもよりますが
金融会社との契約を守り長期間返済を続けるか
それとも法律家に入ってもらって
利息を免除してもらって返済を続けるか
選択肢はいくらでもあります

もちろん自己破産の申請も選択肢の一つです

ですが自己破産にしても民事再生にしても
借金そのものの減額はその時は良くても
将来を見ると踏み倒した事には変わらないと思います
過払いが発生していた上での減額は
正等な理由になりますが、それ以外は何なんでしょうね?

司法書士の事務所にお伺いしたときに
そんな話が雑談としてですが出ました。

道徳の問題じゃないですかね

確かに金融会社は安易にお金を貸しましたが
安易に借りていたのは我々です。

自己破産者は年間で何万人も居るそうです

別に否定するつもりはありません
死ぬよりはずっとましです

余力があるのなら任意整理でどうぞ
五年間の間苦しいですが
その後価値のある人生を送れると思いますよ。

ちなみに悪知恵を書きますが
最初任意整理で手続きをして
返済を有るまでしてその後
自己破産を申請すると
免責が下りる可能性が有るそうです

基本的には逃げちゃ駄目でしょ
諦める前に色々な方法を考えましょう

ところでココに来る方へ

返済の為の借金をする時点で
法律家へご相談して下さい

その時点でもう無理って事ですから

体験上の話ね♪
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR