FC2ブログ

ギャンブル依存症 山梨 GA 甲府グループ ギャマノン 甲府グループ

ギャンブルをやめたいと願うあなたをGAはお待ちしております。

GAは定期的に集まり、お互いにギャンブルをやめ続ける日々を
助け合う当事者グループです。良かったら一緒にやりましょう。


GA甲府グループ ミーティング会場案内 (2018年3月現在)
毎週水曜日    19:00~20:30
カトリック甲府教会 甲府市中央2-7-10
毎週金曜日    19:00~20:30
住吉病院 アルコールセンター 甲府市住吉4-10-32
毎週日曜日    19:00~20:30
甲府市中央公民館 甲府市丸の内3-26-16 または
甲府市北東公民館 甲府市武田3-1-6

日曜日は基本的には第一から第三が中央公民館。第四、第五が北東公民館ですが、
その月によって一部変更がある場合があります。初めてお越しの方はGAのHPまたは
前月最終木曜日の山梨日日新聞、ぶんくら面つどい欄でスケジュールをご確認ください。


※ご注意※
会場施設は当方がお借りしているだけです。お問い合わせはご遠慮ください。

※会場施設の都合等で開催される日時が変更になる場合があります。
開催スケジュールはGA日本インフォメーションセンター
スケジュールのページでご確認お願いいたします。

GAについて詳しくお知りになりたい方はこちらへ→ GA日本インフォメーションセンター

→ 初めてミーティングに来る仲間へ ←

強迫的ギャンブラーの周囲の方へ
GAが本人の為にあるのと同様にパートナー、家族、友人がギャンブル依存症で
お困りの方の為にミーティングが開かれています。山梨では甲府市で開催されてます。

ギャマノン甲府グループ
甲府会場
開催日時 毎週土曜日 第5週除く 13:30~15:30
カトリック甲府教会 甲府市中央2-7-10
ふじさん会場
開催日時  毎月第3日曜日 09:00-10:30
上吉田コミュニティセンター 富士吉田市上吉田4丁目9-11

事前にギャマノンHPにてご確認下さい。
ギャマノンについて詳しくお知りになりたい方はこちらへ→ようこそギャマノンへ


にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

勝手広告 「ギャンブラーズアノニマス」



テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

伝統について 個人の意見 8

この冬に開かれるある勉強会の
番頭さんを勤める機会に恵まれまして、
久しぶりにAAグループのミーティングを
歩いています。これがまた何故か楽しい。

久しぶりにお会い出来る先行く仲間の
こってりとしたお話が聞けるのが楽しい。

こんなに楽しいのなら永遠に実行委員会を
やっていたいのですが、始まれば終わるのも
常でして、多分12月の半ばには放心しているかもw

スリップ注意かな(笑)

さて伝統についてです。えーと今回は伝統6でしたね。
合併号じゃないすけど、7まで行きます。

6. GAはどのような関連施設や外部の事業にも、
その活動を支持したり、資金を提供したり、
GAの名前を貸したりすべきではない。
金銭や財産、名声によって、私たちがGAの
本来の目的から外れてしまわないようにするためである。

ひも付きになると原理は弱くなります。
仲間を求める力も惹きつける魅力も
乏しくなります。GA公認の病院、施設なんてのが
あるとしたら、それに提携しないとならない
風潮が出る事でしょう。独立した共同体でいないと、
助けられる人も助けられないでしょうよと。

何がGAグループの主導者かと言うと
自分は地域のハイヤーパワーだと思ってます。
AA風に愛なる神様でもよい。会場には会場の
役目があってグループにはグループの役目がある。
それを守る為には役目や目的をはっきりしていないと。
あとさ、原理以上になり得る物は注意しないとね。
まぁ良く言う名士病なる物にかかりやすい
人種の集団ですから、なおさらギャンブルを
やめたぐらいで簡単に値段をつけてくれる
輩には気を付けてくださいなと。

ギャンブルをやめている事で名声を求めた先に
潰れるのは自分らの方が潰れるんだし。

7. すべてのGAグループは、外部からの寄付を
辞退して、完全に自立すべきである。

これも共同体としての自立とか独立とかを指しています。
ひも付きになるとねー、くどいから書かないけど、
まぁろくな事はないと思う。寄付されたら寄付された
先に借りを返そうと、別の意見や考えが入るでしょうし、
それも自然の事でしょうし、それなら初めから
辞退した方が安全でしょう。それで潰れるのは
以下省略です。さて共通する考えが二つのステップから
見て取れます。GAはGAであってそれ以上それ以下ではない。

あたしゃそう思ってますけどね。

じゃGAとはと問われると回復する為の場であり、
仲間の居場所であり、回復のメッセージを
伝える場所であるのよね。まぁ良くわからないうちは
お茶を飲みに来るところでもよい。最初のうちは
自分もそうだった。居場所なんて地球上に無いと
思ってましたし。その場所を守る為には外部の
影響とか横槍とかを排除するのもありでしょう。

あくまでも個人の見解ですけどね。

伝統について 個人の意見 7

いよいよ来月からホームグループで
ステップミーティングを導入する事に
なりました。ガッチガチのステップでは無くて、
軽めで緩めの雰囲気で出来たらなと。

あんまりガツガツしちゃいけん。
ビギナーでも親しみやすいように、
軽めの緩めのデチューンを施して、
開催出来たらよいなと思うのですよ。

GAの書籍を使ってね。

さて伝統についてです。今回は伝統5です。

GAの本来の目的はただ一つ、いま苦しんでいる
強迫的ギャンブラーにメッセージを運ぶことである。

メッセージというと言葉が独り歩きして、
過去のひどい体験を話す事とか、
こういう活動がある事を外部に
お知らせをする事とか色々なメッセージの
形を連想する仲間って多いのかも知れません。

簡単に書いちゃうとGAに通ったら
ギャンブルをやめる事ができるように
なりました。これだけでもまぁ及第点は
取れているのかも。赤点じゃねーな。

とりあえずだけど。

さて狭い意味と言うか本来メッセージとは
何を指すかと言うと12ステッププログラムを
行った結果このように生きやすくなりましたと。
狭い意味だとこのメッセージとはこういう事だと
思う。12ステッププログラムの目的とは、
ハイヤーパワーの意思に従って、過去よりも
自由に出来れば良く生きて行く事なんだけど、
集まって言って言いっぱなし、聞いて聞きっぱなしの
ミーティングに固執した結果、ここだけでしか話せない
話を話しする場所になったようにも思える。

過去どうだった、何が起きた、そして現在はと
話をするのであればまだしも今日の出来事に
終始し続けるのは目的をぼんやりさせる弊害を
感じさせるようにも個人の意見ですが思う。

1・2・3が大事なのは当たり前ですけど、
それからのステップを踏まないと集めた情報が
生きてこない。情報を集めるのが1と2なのに
3で決心してもその後を踏まないと段々と
認めたはずの無力を手放ししてしまうようにも思う。

GAの目的は12ステップグループである以上、
12ステップを踏んだ結果良く生きれるように
なった事実を伝えるのがベースにないといけないのね。
ハイヤーパワーについての議論があって
しかるべしだし、ステップワークについての
雑談があるのも本来の姿だと思うのよ。

仲間が集う事から得られる力だけに
終始しているといつかはミーティングに
通い続ける事ができなくなるし、
ミーティングに行かない自分に
何の抵抗も感じなくなるかもね。

実はその先がある。生き方の問題で
底をついてからが始まりなんだけど、
その第二の底付きから浮上するためには
回復のプログラムが絶対的に必要になるのよ。

で使って良かったから人に勧める。
これがGAの本来の目的であり、
ギャンブル無しで生きて行くための
方法論じゃねーかなー、他人に伝えると
その分貯金みたいなのが積み重なる
ようですしね。自分の経験からですが。

自分が自分の問題をどう解消したのか?
それは何によって与えられたか?
上っ面はどうあれ、不真面目であろうと
くそ真面目であろうと、GAである以上は
回復のプロセスの基礎部分が12ステップで
あって欲しいと個人的にはそう思います。

今日の出来事だけを語る場所じゃないのよと。

伝統について 個人の意見 6

最近は色々忙しすぎて霊的とは
トイレの花子さんの事であるとか
訳の解らない事を言い出しそうです。

もっともの極みは昨日のミーティングが
ビジネスと勘違いして司会の仲間に
ちょっと早めに頼むよとお願いした事かな(笑)

全部は書きませんが、会社で昇格が決まったの。
でもね、来年度からの出向も決まりそうなの。
ジェットコースターみたいに気分が乱高下するけど、
これって多分ハイヤーパワーの計画なの。

おんどれー、いい加減にしやがれーと
言いたい所なんですけど、私の意志と
生き方を回復に導いてくださいと。
どーやったら良いんかー示せやーと、
お祈りしたら受け入れる落ち着きを
求めて行きなさいと指令が下りてきたのよ。

あー、やりゃー良いんだなー、まったくー
へいへいやりますよーと、ビルはこう思うを
何気なく開いてみたら謙虚さについて
書かれていました。こうなると抵抗する
理由がありません。これからの生き方を
示されているのね。うーんうーん。

さて伝統について6回目です。
上記のような人でも多少は回復できるのも
12ステップの効力でしょう。結果は明らかね。
決壊もあるかもしれませんが。

一致の為のプログラム 4
.各グループの主体性は、ほかのグループ、またはGA全体に
影響を及ぼす事柄を除いて、尊重されるべきである

これを見て好き勝手にしても良いと印象を
覚えるかもしれません。例えばですけど、
ある町のGAが施設入寮生ばかりで、
話す事も非常に偏りがあるとするでしょ。
そこに社会からつながってきた新しい人が
持つ印象と言うとこのミーティングは
施設に入っている人だけでやっていると
思われても仕方ないよな。ついでに
GAのミーティングと言うのにこの施設に
つながってからなんて話したら、まぁよそ者感を
感じて長くつながる事なんて無いでしょう。

まぁ施設が悪いわけじゃないけどね。

あと繋がった先の会場で司会者が、
昨日スリップしたばかりとか。
まぁ夢も希望も無い例なんですけど、
そういう所と印象を持たれるのはちょっとね。
これが西地区でいう所の〇〇グループ問題。
一時はしきりに話題が出ていましたが、
今はトーンダウンしている〇〇グループ問題。

GA全体にと言うと大まかすぎて良くわかりませんが、
仲間を受け入れる体制に無いグループでは困りますよと。
新しく繋がる仲間の為に開かれている事を
忘れちゃいけませんよと。そんな感じですかね。

それさえ蔑ろにしなければ、グループ単位で
好きにやってよいですよ。あと書きながら
思ったのですが、スケジュールをちゃんと
出していないグループは個人的には?マークが
ついちゃいますよね。変更もわからないし、
そもそも開いているかどうかもわからないし。

GAの目的から逆算してみれば、
何が最小限必要で何が不必要な事かは
自ずとわかってくると思います。

GAの目的と言うと伝統5です。
メッセージとは本来何か?辺りから
次回は続けてゆきたいと思います。

テーマ : ギャンブル依存症
ジャンル : 心と身体

伝統について 個人の意見 5 

夏の盛りは過ぎて朝夕涼しくなりました。
暑い盛りにやけくそになって飲んだり食べたりを
繰り返していたのでぽっこり膨らんだお腹を
隠せるものを羽織れるのはありがたい限りです。

さて伝統3です。

GAのメンバーになるために必要なことはただ一つ、
ギャンブルをやめたいという願いだけである。


小生意気にも原文を調べてみると

The only requirement for Gamblers Anonymous
membership is a desire to stop gambling.


desireと言うと自分らの世代だと中森明菜さんですが、
ちなみに中森さん同い年ですが、何となく止めるではなく、
強い願いとしてギャンブルを止めようとしている思いが、
GAの扉を開くのには必要なのかな。もしかして。
自分に当てはめてみると、最初は自分が起こした
トラブルが原因で行く所も無くて、ギャンブルを止める方法も
知らなくて、それ以上にギャンブルをしないで生きてゆくのも
知らなくて、ヨレヨレになって会場を訪ねたのが、
自分がつながった頃の姿ですが、今より間口は狭かった。
GA自体、またギャンブル依存症と言う病気も
あまり知られる事も無い時代でして、そんな中
会場を訪ねるのにはかなり勇気が必要でした。

今はさー、色々な所から紹介とかプログラムとかで
仕方なしに来る仲間居るけど、しばらくして落ち着いてくると
大体同じになってくるんだよね。仲間って。話す内容も
回数を踏むにしたがってなかなか響くことを話していたりして。

最初から無力を認める人もなかなかいないように、
まずはギャンブルを止めてみたいのであれば、
座りに来てね、お茶の用意もありますから、
お茶を飲むつもりで来てねと言うのはある仲間に
最初の頃言われていた言葉ですが、それでかなり
助けられたと思う。それで今まで歩いて来れたかも。

ただ他の問題の症状が強くて、はっきりと
合わないだろうと言う仲間の存在もあるのですよね。
もし仲間の経験を自分に照らし合わせるのが、
明らかに無理そうな仲間が来てしまったら、
話す事より聞く事を勧めるのも手段として、
必要だと思います。仲間がその仲間をおかずに
しているのも見苦しい物ですからね。

本当にムカつくんだ、それって。自分の事やれやと。

居場所を提供するためにそういう提言をした事は
今までもあります。それについて、だってGAじゃんと
反感を得た事も過去有りますが、個人の善に似たような
行動より、グループのミーティングを守る為に
優先をつけるようにしています。個人の意見ですが。

生意気かも知れませんがGA無理じゃねと言う事に
光をあてると長い間ギャンブル依存症の問題に
取り組んでいる先人が今研究されている事に
なるのでしょうね。自分はGA屋さんですので、
GAの方法を進めるしか手段はありませんけれど、
まぁどんな手法でもどんな考えでも助かれば、
なんでも良い、その苦しむ仲間が楽に生きられたらと
思っています。それも含めて仲間と言う感覚は
あります。例え回復の道のりは違っていてもね。
なるのでしょうね。それもこれも含めてGA・WAYですから。
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
ギャンブル依存症のヒロです。ハイヤーパワーと共に新しい生き方を学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR